2015-16年度ニュースロータリー年度会報会報 2015-16年度会報 2016年 1月

会報 第2217回例会 2016年01月20日

Jump to:お祝い・表彰・挨拶等会長報告幹事報告委員会報告等スマイルレポート出席報告卓話Photo

 

第2217回例会 2016年 1月20日(水) 例会場:青葉台フォーラム 時間:12:30~13:30
会長 露木健造 幹事 小泉豊 会報委員長 清水保代
司会 飯田正男 SAA 斉唱 『それでこそロータリー』 点鐘 露木健造 会長
卓話

『税理士から見たマイナンバー』 清水裕之 会員

20160120_2217th_takuwa

誕生祝 ビジター ゲスト
大野富生 会員 無し 無し
 

お祝い・表彰・挨拶等

ゲスト及びビジター紹介

該当者無し

 

会員誕生祝

20160120_2217th_011

大野富生 会員

 

パートナー誕生祝

武藤泰典 会員パートナー:美智 様 / 井藤昭宏 会員パートナー:紀子 様
森一誠 会員パートナー:宣子 様

 

会長報告

20160120_2217th_012

会長:露木健造

1月17日は21年前に午前5時46分阪神・淡路大震災が起きた日であります。
1月18日NHKスペシャル番組で取り上げていました。
生きていた命を救えなった命、この様なテーマだったと思います。

地震により亡くなった6434名の内、地震直後即死では80%約5000名であった。
残りは僅かの時間生存していたが、崩壊した梁など建築資材、家具等で胸部及び横隔膜部の圧迫で呼吸出来づ、窒息死であった。
隙間で生存できた人々は、その後通電火災により亡くなっていた。
助けられるれる命を出来なかった理由は色々あるが、地震後各方面から救助隊が被災地に向かったが渋滞で現地入り時には既に火災が延焼し多くの命が失われた。亡くなれた人々の無念を教訓とするには、必ず起きるであろう、南海トラフ地震、東京直下地震に対して我々は対策を講じなければならない。それは自分自身の命を守るには、他人の命と守ると同じで道路の渋滞で救助隊の遅延をさせてはならない事だ、地震直後では電話が不通となり家族の安否確認や急いで帰宅する手段で車の使用などで大渋滞となる。古い木造住宅は耐震補強をするなど対策も必要だ。下記に示した、地震後の通電火災対策として安価なブレーカー遮断器は有効である。 関係所庁は阪神淡路地震 東日本大震災を教訓として、今後起こるであろう巨大地震に対して対策を講じているが、一番の減災対策は個々の出来る地震対策が一番の効果があることを最も認識しなければならない。

以下は「阪神・淡路大震災」の説明資料の抜粋です。
最後にボール落下型ブレーカー遮断装置の紹介です。

平成7年1月17日午前5時46分、淡路島北部の北緯34度36分,東経135度02分、深さ16㎞を震源とするマグニチュード7.2の地震が発生した。
この地震により、神戸と州本で震度6を、豊岡、彦根、京都で震度5を大阪、姫路、和歌山で震度4を観測したほか、神戸市の一部の地域においては震度7であった。
地震が発生した1月17日、気象庁はこの地震を「1995年(平成7年)兵庫県南部地震」(The Southern Hyogo prefecture earthquake in 1995) と命名した。

災害名を「阪神・淡路大震災」

阪神・淡路大震災復興の基本方針及び組織に関する法律(1995年(平成7年)法律第12号)が制定、即日施行された。この時から広く「阪神・淡路大震災」と呼ばれるようになり、この名称が現在でも使用されている。

被害

  • 死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名、負傷者 : 43,792名
    • 死者の内訳は、兵庫県内6,402名 (99.5%)・兵庫県外(大阪府、京都府など)32名 (0.5%)
    • 兵庫県内の死者のうち、災害関連死による死者は919名 (14.3%)
    • 2005年(平成17年)に死者数の計上ミスが発覚し、修正された。
    • 焼死者数 403人(兵庫県の集計)、558人(各市の合計。神戸市528人など)
  • 負傷者
    • 重傷者 : 県内10,494名 (98.2%)、県外189名 (1.8%)
    • 軽傷者 : 県内29,598名 (89.4%)、県外3,511名 (10.6%)
  • 避難人数(ピーク時): 316,678人
  • 住家被害 : 全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半壊合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊390,506棟
  • 火災被害 : 全焼7,036棟、焼損棟数7,574棟、罹災世帯8,969世帯
  • その他被害 : 道路7,245箇所、橋梁330箇所、河川774箇所、崖崩れ347箇所
  • 被害総額 : 約10兆円規模

被災者の死因

死者の80%相当、約5000人は木造家屋が倒壊し、家屋の下敷きになって即死した。特に1階で就寝中に圧死した人が多かった。

2階建て木造住宅の場合、「(屋根瓦と2階の重みで)1階の柱が折れて潰れるケース」が多かったが、建物が倒壊しても2階の場合は生存のスペースが残りやすく、死者は少なかった。

死者の10%相当、約600人は「室内家具の転倒による圧死」と推定する調査(山口大学・大田教授のグループ)があった。

また、死亡に至るまでの時間も短かった。遺体を検案した監察医のまとめでは、神戸市内の死者約2456人のうち、建物倒壊から約15分後までに亡くなった人が2221人と92%にも上り、圧死・窒息死で「即死」した人が大半を占めた。

生存空間

日本の伝統構法の流れを汲む木造軸組構法で多くの即死者が出た原因は、ペシャンコになった建物の下敷きになり生存空間が無くなったためである。分解しやすい構造の為、地震の場合瓦屋根、屋根土、土壁、床、柱、がバラバラになって落下し、下敷きになって人体が潰れるためである。揺れが小さい場合は土壁が建物を守るが、揺れが大きい場合は土壁も破壊され落下し凶器になる場合がある。

建造物

瓦屋根・木造・日本家屋の危険性

日本瓦を使い、基礎が石に柱を載せただけで、筋交いの少ない老朽化した木造住宅でも多くの死者が出たため、神戸地域においては新築の瓦屋根はほとんど見られなくなった。日本の伝統構法の流れを汲む木造軸組構法の住宅に被害が集中し、新しい住宅においても筋交いなどが不十分であった物件は大きな被害を受けている。坂本功著の『木造建築を見直す』という書において「死亡者のうち5,000人近くは、軸組構法の住宅の下敷きによって圧死した」と述べている。しかし重要なのは、「構造的に問題のある建築に瓦屋根のものが多かった」ことにも拘らず、一般的には「瓦が重いから問題」であると誤解されている。

交通

港島中町1丁目周辺 液状化

道路においては、中国自動車道や国道43号・国道2号において、復旧のための車線規制による渋滞が発生。特に、高架が崩落した阪神高速道路神戸線(第二神明道路や姫路バイパスなども通じ、大阪 – 姫路間の連絡道路となっている)は、長らくの間不通となった。このため、単に関西を通過するだけの道路交通にも深刻な影響を及ぼし、復旧までの期間には、国道9号・国道372号(両国道で、京都 – 姫路間を迂回できる)などに、長距離トラックや長距離バスが殺到した。京阪神を通らない迂回ルートの当時の貧弱さが浮き彫りとなった。

消防・警察

消防庁や警察庁が調整を行って全国の消防・警察から応援が現地に送られていたが、交通渋滞に巻き込まれずに到着した人はほとんどいなかった。到着出来ても、大規模災害に対する技術・知識・装備・機材どれも満足とは言えない状況だったため、活動は難航した。

なお、東京消防庁は航空隊の消防ヘリコプターによりいち早く特別救助隊を被災地に派遣して成果を上げた。当日11時八王子消防署特別救助隊に対しヘリコプターで直接神戸市に出動せよとの指示があり大型ヘリひばりで現地に向かい手持ち可能な器具のみの持ち込みであったが孤軍奮闘した。

火災

特に神戸市の長田区においては、木造住宅が密集していた地域を中心に火災の被害が甚大だった。全体で7,000棟近い建物が焼失している。また、火災旋風は発生しなかったとされている。 消防庁の資料によると、地震後に計285件の火災が発生している。うち7割は地震発生当日の火災だが、6時までの出火件数が87件と、地震発生から一定時間が経過した後の発生が相当数ある。出火原因が判明したのは全体の約半数で、最も多かったのが電気による発熱体の85件で、ガス関係の13件、火種関係の12件と続く。地震翌日以降の出火では、送電の再開に伴うものがかなりあったとされている。

 

以下は通電火災防止装置です。

 

以下の掲載は、『通電火災防止装置』の一例として掲載するものであり、掲載された商品の購入を促したり、誘導するものではありません。
また、参照サイトと当サイト並びに横浜緑ロータリークラブは一切関係はありません。

参照サイト:http://www.bbk-nip.jp/swich/swich.htm
別ウインドウで見る場合は上部↑をクリック

 

ARVE Error: id and provider shortcodes attributes are mandatory for old shortcodes. It is recommended to switch to new shortcodes that need only url

 

幹事報告

20160120_2217th_013

幹事:小泉豊

先週は急遽お休みをいただき申し訳ございませんでした。

 

連絡事項

地区・その他

  • 2016-17年度国際ロータリーテーマ決定のお知らせ
    【人類に奉仕するロータリー】【rotary serving humanity】
  • ポールハリスソサエティ会員へお礼⇒鶴岡会員
    本年度もご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
  • 米山記念奨学会より下期普通寄付金のお願いが来ましたので、早めに送金いたします。
  • ロータリー囲碁同好会⇒ソウルでのロータリー国際囲碁大会のご案内
    5月30日(月)
  • クラブ会長エレクト研修セミナーのご案内
    3月17日(木)18日(金)いずれも13時よりソシア21にて開催

クラブ

  • 1月27日(水) 7クラブ合同例会 新横浜国際ホテル
  • 2月3日(水) 休会

他クラブ例会変更

横浜都筑RC

  • 1月27日(水)⇒1月28日(木)独逸学園 餅つき
  • 2月24日(水)⇒2月27日(土)IM 新横浜国際ホテル

横浜田園RC

  • 2月2日(火)⇒1月27日(水)7クラブ合同例会
  • 2月23日(火)⇒2月27日(土)IM 新横浜国際ホテル
 

委員会報告等

20160120_2217th_014

インターアクト・RYLA委員会

委員長:舟橋金之介

第48回インターアクト年次大会のご報告

日時 1月17日 9:30~16:00
場所 関東学院中学校・高等学校
テーマ 職業/ゆめ

内容

  1. 主題講演 日本経済新聞社 横浜支局長 和佐 徹哉 様
    (株)ジョビア 代表取締役会長 吉備 カヨ 様
  2. 分科会
    12の分科会に生徒が分かれ、職業の異なる12人の講師(不動産、薬剤師、ドラッグストア、農業、公認会計士、IT、通訳・翻訳、弁護士、宇宙エンジニア、スポーツ選手、一級建築士、ワイナリー)がそれぞれを講演を行い、その後分科会ごとにディスカッションとまとめを行った。
  3. 15年度の活動報告と16年度の活動計画の報告
    当日出席の18校の各インターアクトクラブから報告。

    • 桐蔭学園高等学校からは10名が参加。来年度も本年度と同様の活動を実施の予定。
      (講演終了後、一緒に写真を撮ってもらえませんかと生徒さんから声を掛けられ嬉しく記念写真の中に納まりました。)
    • ホスト校(関東学院)、提唱クラブ(横浜南RC)、地区IA委員のみなさんにより準備されたプログラム内容・資料が充実。
    • 進学や仕事が自分の希望通りにスタートできなかった場合でも、すぐにあきらめたり、やめるのではなく、いつも感謝、謙虚さ、気配りを忘れず、焦らずじっくり歩んでいってほしいという内容の平山紀美子地区IA委員長の閉会挨拶が素晴らしく、参加者の大多数が感銘を受けた様に推察できました。

今大会の提唱クラブである横浜南RCの水谷透会長より、関東学院の次は、当横浜緑RCが次年度の年次大会のホストクラブであるとの確認のご挨拶を戴いた。
また、新横浜RCの佐藤佳一ローターアクト委員長から私に、次年度地区インターアクト委員の要請確認のご挨拶を頂いた。

 

20160120_2217th_018

親睦活動委員会

委員長:井上幸治

 

20160120_2217th_020

3分間スピーチ

北原弘文 会員

 

出席報告

20160120_2217th_021

出席委員長:武藤泰典

 
今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 28 23 1 0 0
(内 出席免除会員数) 5 4
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数 出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 28 88.89 % 19 4 1 0 0
前回補正後 28 85.19 % 17 4 2 0 1
前々回補正後 28 92.86 % 21 3 2 0 0
 

スマイルレポート

 

スマイル 19 件

 

ニコニコ

露木健造 会長 初積雪で寒い日が続いております。湿度も20%とインフルエンザ等が心配です。手洗い、うがいを励行しましょう。清水 裕之会員 卓話宜しくお願いします。
小泉豊 幹事 先週はお休みをいただき、申し訳ありません。数年ぶりに4日間も禁酒しましたら、身体が軽くなったようです。清水様 卓話よろしくお願いいたします。
秋山光正 会員 清水会員、卓話よろしくお願いします。
浅井優子 会員 清水裕之会員 本日の卓話 お願いします。
飯田正男 会員 月曜日の雪から寒くなりました。いきなりの寒さで、体調を崩さぬようにして下さい。
井藤昭宏 会員 清水様 卓話宜しくお願い致します。妻の誕生日祝い ありがとうございます。
井上幸治 会員 雪かきで 本日、腰が痛いです。清水会員、本日 卓話よろしくお願いします。
大地哲郎 会員 清水さん 本日のマイナンバーの卓話よろしくお願いします。
大野富生 会員 誕生祝い ありがとうございます。
北原弘文 会員 久しぶりに元会員の森 宏さんにお会いしました。とってもお元気そうで、毎週緑クラブのホームページをチェックされてるそうです。
齊藤清紀 会員 清水会員、本日の卓話楽しみにしています。ロータリーバッジ、忘れました。申し訳ございません。
清水裕之 会員 本日の卓話、つたない話になるかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます。
清水保代 会員 清水裕之様 卓話楽しみにしております。よろしくお願い致します。
下中英輝 会員 清水様、本日卓話よろしくお願いいたします。
鶴岡武 会員 清水さん、卓話楽しみにしてます。
肥塚俊成 会員 清水会員、卓話楽しみです。よろしくお願いいたします。
舟橋金之介 会員 一昨日雪が降ると言うので、ゴム長と手袋を新調し、万全の準備で臨みましたが、今回は大した事がなくて良かったです。まだまだ寒い日が続きます。皆様御自愛下さい。
清水裕之様、本日の卓話宜しくお願い致します。
武藤泰典 会員 妻の誕生祝、ありがとうございます。先週の例会欠席し、申し訳ございませんでした。
森一誠 会員 家内の誕生祝い 有難う御座います。
 

卓話

20160120_2217th_024

税理士から見たマイナンバー

清水裕之 会員

 
 

画像をクリックでフルスクリーンスライドショー