CATEGORY

2009-10年度

  • 2009/09/26

メーリングリストでの注意事項

ご無沙汰して申し訳ありません。今回はロータリークラブについてではなく、メーリングリストについて、少々解説させていただきます。 最近はどのような団体や集まりでも、メーリングリストを使用しているところが多いと思います。横浜緑RCでも会員間の連絡のために「メーリングリスト」を使用しています。 最近の「メー […]

  • 2009/09/05

職業分類についての訂正と補足説明

職業分類についてのブログを見た先輩ロータリアンから、「補足説明をした方が良いのではないか。」というアドバイスをいただきました。 ありがたいことです。 そこで今回は職業分類について、もう少し説明を加えさせていただきます。 前回説明した「職業コード」ですが、以前はRIのホームページからダウンロード出来た […]

  • 2009/08/19

例会報告

本日の例会の卓話者は、「滑稽俳句協会」の会長をされている、八木健 先生でした。 「滑稽俳句」ってなに?と思われた方は、「滑稽俳句協会」のホームページをご覧ください。http://www.kokkeihaikukyoukai.net/ 「滑稽俳句」、奥深いです。 そこで私も一句。 「よく聞くが 政党じ […]

  • 2009/08/19

役に立つ?ロータリー情報 職業分類

今回は知られているようで、実は現状がどうなっているのかが、あまり知られていない「職業分類」について解説します。「自分の認識は古かった」と気づかれるかもしれません。 長文になるので、文字は小さめになってしまいます。ご了承ください。 以前はロータリークラブの会員になるには、会社等の企業・団体等の所属して […]

  • 2009/08/08

ロータリー情報 「出席免除」について

ロータリアンの義務として「例会出席」があることを説明しましたが、書き忘れたことがあるので、追加させていただきます。 ロータリークラブは出席に厳しいことは述べましたが、いかなる理由があっても絶対出席しろというわけではありません。 ある条件をクリアすれば、「出席免除」が適用されます。 ではそれはどのよう […]

  • 2009/08/08

ロータリクラブ 会員には世界共通のID番号

世界中のロータリークラブは、全て『国際ロータリー (Rotary International ) 』 に 認証され加盟しています。 『国際ロータリー』(以下 RI と略) では、世界を34の 『ゾーン(Zone)』 に分割し、さらに各ゾーンの中に 『地区(District)』を設定し、ロータリークラ […]

  • 2009/08/07

ロータリアンの義務 『ロータリーの友』購読

前回ロータリアンの義務として「例会出席」を挙ました。 その他にもいくつか義務があります。 当たり前のことなのであえて説明はしませんが、「入会金と年会費の納入」が義務としてあります。当然ですよね。 さて、今回は義務として認識はされているけれども、その義務が完全に果たされているかというと、ちょっと疑問の […]

  • 2009/08/07

ロータリアンの義務 例会出席

ロータリークラブに入会し会員になると、いくつか果たさなければならない「義務」があります。 今回は義務の第一と言っても良い、「例会出席」について少し説明します。 ロータリーの例会は概ね週に一度、時間としては約1時間で開催されます。横浜緑の場合、毎週水曜日、時間はお昼の12:30~13:30が基本です。 […]

  • 2009/08/06

甲子園がつなぐ友情 新潟東RCさんありがとう!

すでに報告したように、我が横浜緑RCは第27回全国ロータリークラブ野球大会に出場しました。 5月16日が試合だったのですが、前日の夜に16日出場予定の全クラブが参加しての開会式兼前夜祭が行われました。 その際に、新潟東RCさんから、参加クラブに「贈り物」があるというご挨拶がありました。 後日、我がク […]

  • 2009/08/01

甲子園で野球が出来る!

横浜緑RCにはゴルフと野球の同好会があります。 ロータリアンには野球好きが多く、「全国ロータリークラブ野球大会」という大会が、毎年あの甲子園球場を舞台にして開催されています。 今年は第27回大会で甲子園で戦ってきましたよ!! 高校球児で甲子園に憧れていた私は、高校時代に叶わなかった夢が、ロータリーク […]

  • 2009/07/25

四つのテスト THE FOUR-WAY TEST

「カーネルおじさん」の時に触れましたが、ロータリアンが自分の言動・言行の指標としているものに「四つのテスト」があります。 ロータリアンなら誰もが心に刻んでいるはずです。 今回は日本語と英語で記述します。 意味は読んで字の如しなので解説はしません!! 四つのテスト THE FOUR-WAY TEST […]