2016-17年度ニュースロータリー年度会報会報 2016-17年度会報 2016年 7月

会報 第2239回例会 2016年07月06日

投稿日:

お祝い・表彰・挨拶等会長報告幹事報告委員会報告等スマイルレポート出席報告卓話Photo

 
T1617JA_PMS-C 第2239回例会 2016年 7月 6日(水)
例会場:青葉台フォーラム 時間:12:30~13:30
会長 下中英輝 幹事 井上幸治 研修・広報・会報委員長 齊藤清紀
司会 大地哲郎 SAA 点鐘 下中英輝 会長 斉唱 『君が代』/『奉仕の理想』
卓話 『会長・幹事 就任挨拶』 下中会長・井上幹事
20160706_2239th_061
誕生祝 ビジター ゲスト
村松勇治 会員 無し 無し
 

お祝い・表彰・挨拶等

記念品贈呈

20160706_2239th_020

前会長章・前幹事章 贈呈

露木健造 直前会長
小泉豊 直前幹事

 

会員誕生祝

20160706_2239th_023

村松勇治 会員

 

パートナー誕生祝

該当者なし

 

会長報告

20160706_2239th_030

下中英輝 会長

先般、7月1日にバングラデシュにてテロにより、日本人が射殺された事件をニュースで聞き、昨日は羽田空港に帰ってきた御遺体の映像を見ました。
亡くなられた皆様のご冥福を申し上げます。

このニュースを見たとき、平成9年に起きた(エジプト外国人観光客襲撃事件)エジプト南部の観光地で有名なルクソールの神殿で、日本人10人を含むスイス人などの観光客がテロリストグループによる銃の乱射で約60名が亡くなった事を思いでしました。
この時、JTB関連の保険会社から仕事の依頼があり、御遺体が帰国した際、成田空港から10名の御遺体を各地にお届けする仕事を引き受けました。
今、思い出すと新婚旅行中のカップルが4組、初老のご夫妻が1組、添乗員1名、新婚の男性一人が重体でした。

状況は見るも無残で、こんなことが出来るのかという事が信じられませんでした。
自分は福井県の新婚夫婦を担当し、二人で立てた、新築の新居にお連れした時の情景をいまだに忘れられません。
テロ対策を日本でも、他国の惨事ではなく、自国の惨事と思い対策を強化して頂きたい。

そして、もう一つ、気になったのが、バングラデシュの国旗です。
色はグリーンの中に赤の日の丸、少し日の丸が左よりですが色違いで同じです。

実は「日の丸三兄弟」が有るのです。
もう一つはパラオです。色は濃い水色に黄色の丸です。
解釈は日本「月は日出づる国日本」・バングラデシュ「私の国では国旗の意味を特定していない。解釈は自由なのだ」・パラオ,「青は太平洋を意味し、満月は円満なパラオの心を現わす」です。
実際バングラデシュは親日で独立の時、1972年の国旗制定時に「日本に魅せられ、日の丸のデザインを取り入れた」と言われているそうです。
パラオも同じ趣旨でそうなったという説もあるそうです。

 

幹事報告

20160706_2239th_039

井上幸治 幹事

諸事連絡

  • 15-16年度預り金精算について
    事務局より精算方法の申告の無かった会員分に関してはニコニコへ回しましたという連絡がありました。
  • ロータリーレート 7月 102円/1ドル
  • RI財団 地区 米山他から寄付金等の依頼が来ています
  • 各会員へ 今年度会費 預り金の速やかなお振込みを依頼
  • *委員長会議の確認  
    • 7日 クラブ クラブ奉仕 広報 委員長会議
    • 8日 地区拡大増強セミナー
    • 19日 クラブ戦略計画委員長会議
  • 各担当委員長へ参加依頼
    13日 クラブ協議会開催のお知らせ
        各委員長及び昨年の協議会以後の入会の新人へ出席依頼
  • 理事会開催のお知らせ
  • 事務局より 会員証ラミネート希望の方は事務局まで
 

他クラブ例会変更

横浜都筑RC

      

  • 7/27 夜間移動例会(納涼家族会)
  • 8/17 休会 8/31 夜間移動例会

横浜田園RC

       

  • 7/26 バラ園手入れ 藤が丘バラ園9時~
  • 8/9 ブルーベリー狩 BBQ
  • 8/16 休会 8/30 夜間移動例会
 

委員会報告等

20160706_2239th_042

諸事連絡

直前幹事:小泉豊

2015-16年度の報告及びお願い

  • 預り金返却分 スマイル提供 26名 115,408円
  • 年次報告書 各委員会現行提出依頼
  • 未精算委員会は速やかに精算書提出のこと
 

20160706_2239th_043

親睦活動委員会

委員長:浅井優子

 

出席報告

20160706_2239th_047

出席委員長:田中孝

 
今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 29 21 0 0 0
(内 出席免除会員数) 5 2
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数 出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 29 80.77 % 19 2 0 0 0
前回補正後 30 86.21 % 21 4 0 0 0
前々回補正後 31 85.19 % 20 1 2 0 0
 

スマイルレポート

 

スマイル 23 件

 

ニコニコ

濱田茂 元・会員 露木様、横浜緑RCの皆さま、この度はプロジェクタをお貸しいただきいただきありがとうございました。
下中英輝 会長 つたない会長ですので、ご迷惑をおかけすると思います。今年度 皆様よろしくお願いいたします。
井上幸治 幹事 新年度が、とうとう始まりました。しばらくの間、バ幹事・迷幹事と呼ばれるかもしれませんが、1年間、どうかよろしくお願い致します。
秋山光正 会員 下中新会長、井上新幹事、就任おめでとうございます。1年間頑張って下さい。
浅井優子 会員 下中会長、井上幹事、新年度のスタートですね。よろしくお願いします。私のサポートもよろしくお願いします。
井藤昭宏 会員 下中会長、井上幹事 一年間宜しくお願いいたします。
内倉和子 会員 今日から新カメラマン担当させて頂きます。皆様 どうぞよろしくお願い致します。どうぞご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
大地哲郎 会員 下中・井上年度が始まりました。1年間頑張って下さい。又、各委員長様、会員の皆様、例会運営にご協力お願いします。
加藤喜夫 会員 下中・井上年度の発足を祝って❢
河原裕典 会員 下中会長、井上幹事、各委員長様 一年よろしくお願い致します。
北原弘文 会員 下中会長、井上幹事、一年間よろしくお願い致します。
小泉豊 会員 新年度明けましておめでとうございます。下中会長、井上幹事 一年間よろしくお願いいたします。
齊藤清紀 会員 下中会長、井上幹事、各委員長、1年間宜しくお願い致します。
清水厳 会員 新年度 よろしくお願い申し上げます。
清水裕之 会員 下中会長、井上幹事、御就任おめでとうございます。1年間よろしくお願い致します。
清水保代 会員 下中会長、井上幹事 一年間よろしくお願い致します。
田中孝 会員 新しい会長、幹事をはじめ役員、理事ならびに各委員長の皆様、ご多忙中の中 大変でしょうが1年間よろしくお願い致します。若さにあふれ、活力のあるクラブとして、楽しくロータリー活動のできるよう ご指導の程よろしくお願い致します。
露木健造 会員 前年度 各委員会・委員長・会員の皆さまにより無事会長の大役を終える事が出来ました。誠にありがとうございました。下中会長・井上幹事頑張ってください、出来る限り応援します。
萬代昭彦 会員 下中会長、井上幹事 よろしくお願いします。
舟橋金之介 会員 下中会長、井上幹事 御就任御目出度うございます。当クラブの大いなる飛躍に向け、一年間どうぞ宜しく御指導の程お願い致します。
武藤泰典 会員 下中会長、井上幹事、1年間よろしくお願いいたします。
村松勇治 会員 下中会長、井上幹事年度 よろしくお願い致します。又、誕生祝前期分もありがとうございます。
餅田実 会員 新年度の下中会長、井上幹事、 役員の皆様 よろしくお願いいたします。前年度の露木会長、小泉幹事、役員の皆様ご苦労さまでした。ありがとうございました。
 

卓話

会長・幹事 就任挨拶

20160706_2239th_057

会長就任挨拶

下中英輝 会長

今年度、会長を仰せつかり、1年間全うできるよう頑張ってまいりますので、会員皆様方のご理解並びにご協力を賜ります様よろしくお願いいたします。

 

今年度、国際ロータリー(RI)のテーマ ジョン・ジャームRI会長

『人類に奉仕するロータリー』(ROTARY SERVING HUMANITY)

ポール・ハリスは晩年、設立経緯について次のようにつづっています。「個人の努力は個々のニーズに向けることができます。しかし、大勢の努力の結集は、人類の奉仕に捧げなければなりません。結集された努力に限界というものはありません。」いつの日か120万人以上のロータリアンが一体となり、ロータリー財団や各自のリソースを駆使して人類への奉仕に取り組むことになろうとは、ハリスも想像していなかったでしょう。そのようなロータリーに対してハリスがどんな奉仕を期待するのか、私たちは想像するしかありません。「人類に奉仕するロータリー」の伝統を継承する名誉を受けられた私たちには、このような奉仕を行っていく責務があるのです。RI会長は述べています。

 

2590地区 地区方針(2016-17年度) ガバナー 高良 明

『クラブの魅力創りと活性化』

「組織は人なり」、組織は人が中心です。ロータリーも然り。ロータリーは会員が中心となり、一つの人生哲学及び実践倫理にお原理に基づいてサーヴィス運動を展開するものであります。ロータリーは一人一人 の仲間を大切にして友情を分かち合い、「奉仕(サーヴィス)の理論が職業及び人生における成功と幸福の真の基礎」であることをその運動の本質とします。この哲学を支える基本は「職業奉仕(ヴォケーショナル・ サーヴィス)」であり、当初の「一業種一会員」制度や出席を重視した「例会」などにあります。
「奉仕の中にこそ幸福と平和がある」ことをよく認識しましょう。また基本を守りつつ社会や世界の変化に対応する姿勢も事を処するに当って大切な事です。すなわち「不易と流行」、守成と改革」の姿勢です。
ロータリーの心と原点を見失うことなく魅力あるクラブに変革活性化し、皆さんと共に「クラブ主導」のロータリー運動を展開してまいりましょう。

  1. クラブ基盤の強化と活性化
  2. 奉仕活動の見直し・実践と活性化
  3. 人道的奉仕の実践と活性化
 

横浜緑ロータリークラブ

本年度は前年度会長並びに次年度会長と奉仕活動の継続の必要性や運営に伴い連携して行いたいと思っております。会員皆様方のコミュニケーションを密にして親睦を深め、各委員会における奉仕活動の協力体制と充実を図りたいと思います。

  1. 長期的戦略
    現在、単年度にて各委員会の委員長が変わる為、中々次年度の委員長に引き継ぎなど出来ない場合がある。その為、長期的な奉仕活動や単年度にて行うものを精査し、各委員長が毎年行ってきた奉仕活動の内容や予算など、次年度の委員長が確定した時点で報告し、申し送り出来る体制を作る。
    毎月行っている、経営研究会を持続させ、その折にロータリーの勉強会も付加させたいと思います。
    長期的な目標を掲げ50周年に向けて更なる戦略計画を立てる。
  2. 会員増強
    増強委員長並びに会員の皆様と協力のもと、3名の会員増強と退会者0名を目指します。
  3. 例会・親睦活動
    例会では、欠席者が少なくなるようプログラムの充実を図り厳粛且つ和やかに行いたいと思います。
    例会だけでは充分な親睦は得られないと思います。親睦活動委員長や幹事と協力をして、移動例会・家族会・炉辺会合・ロータリーディ・同好会など、会員が気軽に意見交換出来る場を多く設け、家族や社員の皆様にも参加できるような場も設けたいと思います。
  4. 奉仕活動の見直し
    現在行っている奉仕活動を再検討し、次年度以降実施するかを確認し、各奉仕員長の活動計画を基に活動内容の充実を図りたい。そして参加型の募金活動などのイベントを行い、一般の方々にもロータリークラブを知ってもらえるような広報活動も行いたい。
    青少年奉仕では桐蔭学園インターアクトクラブで年次大会のホスト校になり、会員皆様の協力を頂き無事成功させたいと思います。
    姉妹クラブとの友好を深め、国際的、社会的奉仕活動を行いたいと思います。
  5. ロータリー米山記念奨学事業及び財団の取り組み
    地区の方針に従い、普通寄付・特別寄付その他の寄付の実施。
    • ニコニコは年間120万円目標(お花のニコニコ継続)
    • ロータリーデイの開催(秋・春)
    • 各委員会主催による奉仕活動の実施
    • 委員会の増減の検討、細則の見直し

以上、横浜緑ロータリークラブの伝統を守りロータリー活動を行いたいと思います。

 

20160706_2239th_059

幹事就任挨拶

井上幸治 幹事

昨年、当時会長エレクトだった下中現会長より来期の幹事をという打診をされました。しかし、その時の私は快諾することはできず、かなり長い間保留のままにしていました。

その理由として、まず第一に自分の仕事のことでした。
皆さんご存知のように私は花屋を営んでおります。女性スタッフと二人で営んでいるちっぽけな花屋です。幸いにもお店の中の仕事はすべて彼女に任すことができます。しかし、仕入れ、配達、外仕事などといった仕事はどうしても私がやらなければなりません。突発的な仕事も入ってきたりします。また、季節行事や、年末、3月の卒業、4月の入学 5月の母の日とどうしても仕事優先にしなければならない月があります。そんな時に大切なロータリーの行事等が重なった場合どのように対処してよいのか不安だったからです。スタッフにも今以上に負担がかかってしまうのは明らかです。そんな事で辞められては元も子もありません。不安が募るばかりでした。

第二の理由としては、私は飲めないわけではないのですが、あまりお酒が好きではありません。しかし、このクラブの仲間 あえて仲間と呼ばせていただきます とご一緒する機会が多々ありました。いつもウーロン茶を飲みながら、学生時代の時のように熱く語る先輩方のロータリー談をしらふで聞いていて思うことがありました。
今の自分では、ここまでロータリーにのめり込むことはできない またそれを求められても無理と決めつけていました。
それは経済的にも、時間的にも両立は難しいと思っていたからです。

自己嫌悪に陥り、考えれば考えるほど苦しくなっていったのも事実です。
そんな自分に緑ロータリーの幹事など勤まるわけないと自分で決めつけていました。細かいことを言えば他にもたくさん理由はありますが、以上のことが大きな理由でした。

しかしそれは全て自分の弱い一面で、単に自信のなさからくる現状逃避の言い訳にすぎませんでした、
幹事を受ける以上 シッカリ務めたい 皆さんに迷惑をかけるわけにはいかない そんな気持ちに代わってきました。
スタッフにも今以上に負担が増えることなど状況を説明し意見を求めました
彼女曰く 幹事受けてください お店は何とかなります その返事をもらって自分の中でくすぶっていたモヤモヤが晴れ、幹事という大役受ける決心がつきました。

私は、この緑ロータリクラブとロータリーのあえて呼ばせていただく仲間たちが大好きです。年齢や地位 会社の大きさに関係なく一人のロータリアンとして、人として付き合えるそんな仲間の存在が今の自分にはとても大きくなっています、

作家 有島武郎は、惜しみなく愛は奪う のなかで本当の愛とは 母親がわが子を思う気持ちであり、愚鈍 今でいう知的障害者の何も邪心の無い行動にあるといっています。

打算や邪心の無い関係で結ばれた仲間程気持ちの良い関係はありません。
そのような仲間を持てたこの緑ロータリークラブに私は感謝しています。
その感謝の気持ちを忘れずにこの一年間幹事の仕事を務めさせていただきます、。
現時点では歴代幹事の中で一番のバカンジ 迷幹事かもしれません。
しかし、一年後の自分が、今よりもっと大きく成長して緑ロータリーの幹事の名に恥じないような存在になれるよう努力していく所存です。
これからの一年間、本当に皆様にはご迷惑をかけることが多々あるかとおもいますが どうかご協力の程お願いいたします。
そして皆様からも、一人の仲間としてみとめてもらえるよう努力してまいりますのでお付き合い よろしくお願いいたします。

 

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー