会報 第2464回例会 2021年 9月 8日(オンライン例会)

第2464回例会 会報
2021年9月8日(水)

例会場:オンライン(Zoom) / 時間:12:30~13:30

会長:清水裕之 / 幹事:北原弘文
司会:齋藤光宏 副SAA / 点鐘:清水裕之 会長

≪発行 クラブ研修・広報・会報委員長:原野由紀≫


卓話

今回は卓話無し

 


ゲスト


該当者無し

ビジター


該当者無し

会員誕生祝


該当者欠席


 

斉唱

斉唱中止

 

紹介・挨拶・お祝い・表彰等

ゲスト紹介

該当者無し

 

 

ビジター紹介

該当者無し

 

 

会員誕生祝

該当者欠席

 

 

パートナー誕生祝

露木健造 会員・パートナー 知子 様

 

会長報告

清水裕之 会長

仕事柄、たくさんの経営者を見てきましたが、今日はその中から一つお話させていただきます。皆さんはユダヤ教の聖典「タルムード」をご存じですか。

世界人口の0.2%未満といわれるユダヤ人ですが、ノーベル賞受賞者は約20%、フォーブス誌が毎年公表する長者番付の上位にもたくさん名前を連ねます。そんな彼らの成功の礎になっているのが「タルムード」です。

20210908_2464th_zoom_003

誰もが知るユダヤ人を挙げるとアインシュタインやスティーブン・スピルバーグ、マクドナルド創業者のレイ・クロック氏、投資家のジョージ・ソロス氏など。また、世界における時価総額のトップ10にもユダヤ人の創業したテクノロジー企業が多く含まれます。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏も有名ですね。

さて、「タルムード」は生活上あらゆる問題を網羅して論じているので、祖国を離れたユダヤ人は常にこれを生活のよりどころとしてきました。
今日はこの中からユダヤ人の成功哲学の一つ「金の冠をかぶった雀」というお話をさせていただきます。

ソロモン王というのはユダヤの最も有名な王です。賢者の王は、鷲の背に乗って空を飛び、領内の隅々まで視察して回ったと言われています。ある日ソロモン王が鷲の背に乗ってエルサレムからはるか彼方の領内を目指して飛んでいた時、たまたまソロモン王の体調が悪く鷲の背中に捕まっていられなくなり落ちそうになりました。それを見ていた雀達が何百羽と寄って来て囲いを作りソロモン王が鷲の背中から落ちないように助けました。

これに感謝したソロモン王は、雀達に「お前たち雀に何でも欲しいものをあげよう。」と言いました。雀達は巣に戻り何をもらうかを議論しましたが、それぞれ勝手なことを言って、なかなか一つにまとまりません。「いつでも身を隠しておけるブドウ畑」「いつでも水が飲める池」「いつでも食べ物に困らないように野原に落穂をまいてもらう」という意見もありました。そんな中で、ある雀が「ソロモン王と同じような金の王冠をかぶって飛んだらさぞかし誇らしく格好が良いだろう。」と言ったところ、雀たち全員が「そうだ、そうだ」と賛成し、意見がまとまりました。雀の代表が、ソロモン王のところに行き、「王様と同じ金の冠を雀全員にください。それが私たちの願いです。」と申し出ました。それを聞いたソロモン王は「それはあまり良い考えではないな。もう一度考え直してきてはどうか。」と助言しましたが、雀たちは「ぜひ王冠をください。」と繰り返しました。「それほど言うなら仕方がない。」とソロモン王は雀たちのたっての願いを叶えました。金の冠をかぶったイスラエルの雀たちは、喜々として大空を飛びまわりました。今まで猟師達は雀などには目もくれませんでしたが、金の冠をかぶっているために、全国で雀が狩られるようになりました。仲間たちはみんな撃ち殺され、イスラエルの雀はとうとう最後の5羽になってしまいました。最後の5羽は、ソロモン王のところに命からがら駆けつけ、「私達が間違っていました。金の冠はもういりません。」と言いました。雀から金の冠が取りはずされ、少しずつ雀は平和を取り戻し、何年かのうちにはまた元の数に戻ったということです。

このお話から得られる教訓というのは主に
『財産を見せびらかすと身を滅ぼす』ということ、3つのポイントを挙げます。

1つ目。「人に見せつけた財産は、人に狙われる。」

  • クラブで現金やブラックカードを見せびらかす
  • ブランド品を身にまとって高級住宅を買いに行く
  • フェラーリやランボルギーニを乗り回す

*高級レストランやホテルの支配人、また高級クラブのホステス達、高級住宅・高級車の営業マン、金融商品のブローカーたちなど、みんなが狙っているのは「雀」ではなくて、その頭上で輝いている「冠」です。ちょっと考えればすぐにわかることですね。

2つ目「ほとんどの人は雀である」

  • 例外は、世界最高の投資家ウォーレン・バフェット氏やアマゾン創業者ジェフ・ベゾフ氏、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、ユニクロ創業者の柳井さんとかアラブの石油王など。彼らのようなビリオネア、10億㌦(1000億円)以上の資産家が本物の鷲、いやドラゴンかもしれません。 1000億円を3%で運用したら1年に30億円にもなります。高級別荘を買おうが、愛人を何人囲おうが、減らしようがありません。1兆円だったら想像もできませんね。

しかも、このクラスの人たちには、優秀な弁護士やコンサルタントがいますから、鉛玉の鉄砲で猟師に狙われることもありません。

3つ目「適正な報酬を得よ」

もともと雀は悪いことをしたわけではありませんね。ただ、報酬が不相応・不適正だっただけです。雀には雀の幸せがあるのです。初めに議論していたようなものを望めば雀たちのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)は上がって、平和な生活がおくれた事でしょう。
仮に「冠」をもらって、それを見せびらかさずに、家宝としてしまっておいても、自分たちより大きな鳥に狙われることもあるでしょう。報酬としてバランス感に欠けていたと思います。
イスラエルの親は子供達に対して、身分不相応な装飾品を身に付けたり、身分不相応な収入を得たりすることは、かえって不幸を招くことになるということを教えるのだそうです。
常に利益に浮かれることを戒めるために、自分が受け取る利益の「適正さ」を把握する訓練を積んでいるのです。

最後に、
私の頭上に輝いているのは、「冠」ではなく「金髪」です。

 

幹事報告

北原弘文 幹事

1.理事会(9/1)報告 別紙参照。

2.ガバナー公式訪問について

当初の 8/25 から延期されていましたが、緊急事態が延期に延期を重ねている状況を鑑み、オンラインで会長・幹事だけでの面談に変更され、当クラブは今週の月曜日(9/6)午後 2 時から 40 分間行われました。

20210908_2464th_zoom_004

5 者面談で、吉田G,下山G補佐、栁沼地区クラブ管理運営委員長、そして会長と私です。内容としては会長からも一部お話がありましたが、

  • 会長、幹事の活動計画の発表。
  • 現在の例会の開催方法や出席率など。
  • 会員増強の見込み → 例会へ候補者を連れてこられないので厳しいと回答。ガバナーからは今期あと 4 名の増強を依頼された。
  • トレインジャック(車内占有広告) → 10/24 から首都圏の電車の女性専用車を中心に、ポリオプラスのCMを行う。

3 . 千葉緑RCとの合同例会の延期について

先週も報告いたしましたが、神奈川県の緊急事態宣言が延長された場合、9/22 の合同例会は延期されます。

 

委員会報告/会員報告等

プログラム委員会

下中英輝 委員長

20210908_2464th_zoom_005

 

出席報告

松尾伸治 出席副委員長

今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 30 17 1 0 0
(内 出席免除会員数) 5 0

20210908_2464th_zoom_006

 
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数
(男/女)
出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 30 (26/4) 72.00 % 17 0 1 0 0
前回補正後 30 (26/4) 69.23 % 16 1 1 0 1
前々回補正後 30 (26/4) 56.00 % 13 0 1 0 0
 

スマイルレポート

スマイル 0 件

ニコニコ

今回は無し  
 

ニガニガ

今回は無し  
 

卓話

今回は無し

 

オンライン出席状況

20210908_2464th_zoom_001

 

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー