2009-10年度クラブ奉仕ロータリー年度活動内容

ロータリー情報 「出席免除」について

ロータリアンの義務として「例会出席」があることを説明しましたが、書き忘れたことがあるので、追加させていただきます。

ロータリークラブは出席に厳しいことは述べましたが、いかなる理由があっても絶対出席しろというわけではありません。

ある条件をクリアすれば、「出席免除」が適用されます。

ではそれはどのような条件化というと、

  1. 理事会の承認する条件と事情による欠席の場合。

    例えば病気やケガで長期入院が必要な場合や、長期海外出張などの場合等に、クラブの理事会にその理由と休む期間を申請し、理事会で承認されれば出席は免除されます。

  2. ロータリー経験年数と年齢の合計が85年以上であり、書面で出席免除を申し出た場合。

    これも理事会の承認が必要です。
    例えば、40歳でロータリーに入会し、23年経ち63歳になったとします。そうすると、ロータリー歴23年と年齢63歳の合計が86年になるので、この方が理事会に書面で申し出れば、出席が免除されるわけです。

ちなみに私は34歳になった直後に入会していますので、還暦を迎える頃には出席免除を申し出ることが可能になります。

仮に85歳の方が初めてロータリークラブに入会すれば、もうその場で出席免除を申し出ることも可能ですが、理事会決定次第ということになりますね。(あくまで、2009年現在のことです)