会報 第2438回例会(オンライン) 2021年 2月24日

第2438回例会 会報
2021年2月24日(水)

例会場:オンライン(Zoom) / 時間:12:30~13:30

会長:舟橋金之介 / 幹事:浅井優子
司会:北原弘文 SAA / 点鐘:舟橋金之介 会長

≪発行 クラブ研修・広報・会報委員長:日向誓子≫


卓話

20210224_2438th_020

イニシエーションスピーチ

齋藤光宏 会員


ゲスト


該当者無し

ビジター


該当者無し

会員誕生祝


小泉豊 会員


 

ロータリーソング斉唱

オンライン例会時は実施しない

 

紹介・挨拶・お祝い・表彰等

ゲスト紹介

該当者無し

 

 

ビジター紹介

該当者無し

 

 

会員誕生祝

小泉豊 会員

20210224_2438th_002

20210224_2438th_008

 

パートナー誕生祝

齋藤光宏 会員・パートナー 絵美子 様

 

会長報告

舟橋金之介 会長

創立50年目も2/27で終了し、また新たな年度がスタート致します。
周年記念誌作成、関係者へのご挨拶、周年事業内容の最終確定等実行委員会として一度総括をして頂く様、斉藤実行副委員長にお願いを致しております。

20210224_2438th_021

先週のお話の番外編

先週紹介を致しましたNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公渋沢栄一の出身地は、埼玉県・深谷市であると申し上げました。「深谷」と聞くと“深谷ネギ”だけが最初私の頭に浮かんだのですが、ドラマの中でも紹介されております様に、深谷市周辺は幕末から明治初期にかけて藍栽培が盛んであり、またお蚕さんの卵シートである蚕種(さんしゅ)の一大産地でありました。本日は、番外編ということで、藍染料の藍玉、養蚕と深谷ネギの3点に触れてみたいとおもいます。

  1. 栄一の実家は藍玉の生産・販売と養蚕を行う豪農で、20代前半くらいまでは家業に精を出しており、日頃から村全体、地域全体が藍の産地として力を付け、豊かになることを考えていました。
    そこで作ったのが、地域の農家が育てた藍玉の出来を公平に評価し、相撲の番付に見立てて格付けしたランキング表『武州自慢鑑 藍玉力競(ぶしゅうじまんかがみ あいだまちからくらべ)』です。
    各藍玉農家は、この番付の昇進を目指して、競い合い、知恵を絞り、翌年の品質と収穫量を向上させていきました。この方法は、地場産業である藍玉生産の振興策として、とても効果があったと言われています。晩年栄一が資本主義の父と言われる所以を垣間見る一つの事例だと言えます。
    私達が経営学の本を読みますと、必ずと言って良い程20世紀初めにアメリカのF.W.テーラーが提唱した、標準作業を基準にして管理する科学的管理手法の話が出てきますが、この栄一の話は、テーラーより40年も前のお話です。
  2. お蚕さんの養蚕ビジネスの盛衰明治5年渋沢栄一は、大蔵省の役人としてお隣、群馬に官営の富岡製糸工場(世界遺産)設立に尽力します。こう言った紡績工場に深谷の繭玉も使われていったのだと想像できます。また、明治10年には、同じ群馬・新町(高崎市)に屑繭(短繊維)を利用した絹糸紡績工場ができています。
    この工場は国から払い下げられ、明治44年には鐘ヶ淵紡績の新町工場(以前私が勤めておりました「鐘紡新町工場」の前身)となります。
    因みに、昭和初期には深谷の耕地の内の64%が桑畑で、養蚕が盛んであった事がわかります。絹は日本の貴重な輸出品でありましたが、1929年(昭和4年)の世界恐慌で繭の暴落を機に衰退していきます。
  3. 深谷ねぎは、明治初期に藍玉の値が暴落したことをきっかけにして、明治30年頃から新しい作物として本格的栽培が始まりました。1929年(昭和4年)の世界恐慌による繭の価格暴落を受け、耕地の作物転換を図り、深谷ねぎが大規模に生産される様になったと言われます。
    大正初期には、今度はネギも暴落したことがありましたが、栄一の甥で農業指導者の渋澤治太郎は、北海道・東北地方へ深谷ねぎの商標を付けて出荷しました。これが、“深谷ネギ”の名称の始まり、深谷ネ ギブランドの始まりであると言われています。
    今ではネギと言えば、第1位:「京都の九条ネギ」、第2位:「群馬の下仁田ネギ」についで、第3位に「埼玉の深谷ネギ」と言われる程になっています。

藍染め、養蚕、ネギにもそれぞれ浮き沈みがあり、繊維産業は衰退しましたが、今でも「深谷ねぎ」というブランド名は、立派に残って我々の食卓を賑わしているという事で、先週のお話の番外編を終わります。

 

幹事報告

浅井優子 幹事

地区関連

会長エレクト研修セミナー(PETS)開催のご案内が来ております。

20210224_2438th_009

クラブ関連

来週の例会、3月3日(水)もオンライン例会です。
第1週目なので、理事会がございます。
オンライン例会終了後、そのままオンライン理事会を行います。
前回の理事会は過半数以下により不成立でしたので、前回の決議案、そして今回の決議案がございますので参加をお願い致します。
決議案の内容は、改めて理事会メンバーにメールにて送信いたします。
翌週の10日からは、青葉台フォーラムでの通常例会になっております。
また、変更がございましたらclub-mlでご連絡いたします。

 

委員会報告/会員報告等

特になし

 

出席報告

事務局

今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 29 13 2 0 0
(内 出席免除会員数) 4 3

 

 
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数
(男/女)
出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 29 (25/4) 53.57 % 10 3 2 0 0
前回補正後 29 (25/4) 51.85 % 11 2 1 0 0
前々回補正後 29 (25/4) 50.00 % 11 1 1 0 0
 

スマイルレポート

スマイル 0 件

ニコニコ

今回は無し  
 

ニガニガ

今回は無し  
 

卓話

イニシエーションスピーチ

齋藤光宏 会員

20210224_2438th_019

 

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー