2015-16年度トッピクスニュースロータリー年度活動内容職業奉仕

『職業奉仕 四つの反省』

新入会員が入会するので、「四つのテスト」や「ロータリーの目的」を準備していたら、ふと『職業奉仕 四つの反省』という言葉を目にしました。

 

えっ『職業奉仕 四つの反省』??知らない!聞いたことない!!テストじゃなくて反省しちゃうの??
(不勉強で恥ずかしいですが・・・)

 

と思い、早速ググって調べてみました。

『職業奉仕 四つの反省』とは・・・

「The Rotarian」誌の1967年2月号から1973年12月号まで、「INSIDE ROTARY」というコラムが連載されていたそうです。著者については記載はないそうですが、

毎号のコラムの最後にはRI公式文献の紹介と注文先が記載されていることから、「The Rotarian」誌の編集者か事務総長が書いたものと想像されます。

という文章を発見しました。

その「The Rotarian」誌1972年9月号に「職業奉仕とは何ですか」という文章が掲載されていて、この一節を第2840地区の前原勝樹パストガバナーが「職業奉仕・四つの反省」という表題で翻訳されたということです。

 

では、実際に『職業奉仕 四つの反省』とはどんなものか記載します。

 

RotaryMBS_RGB_w250

『職業奉仕 四つの反省』

  1. 顧客に対して

    最上の品質、最高のサービスを提供しているか。

    常に、正直と親切を旨としているか。

  2. 従業員に対して

    彼らの長所を十分認め、かつ買っているか。

    安全で快適な職場を確保しているか。

    苦情に対して公正な態度で対処しているか。

    自ら誠実、正直、善意の手本を示しているか。

  3. 競争者に対して

    公正な態度で接しているか。

    あなたは行動をもって誠実を肝銘させているか。

    彼らと共に事業水準の高揚につとめているか。

  4. 協力者に対して

    公正で友情に満ちた関係を保っているか。

    いつも支払いをよくしているか。

 

大きく分けて四つですが、実質11の反省です。

これを見たら反省することばかりだと気がつきました・・・