2017-18年度ニュースロータリー年度会報会報 2017-18年度会報 2018年 4月

会報 第2323回例会 2018年04月18日

投稿日:


第2323回例会 2018年4月18日(水)

例会場:青葉台フォーラム

時間:12:30~13:30

会長:井藤昭宏

幹事:大野富生

クラブ研修・広報・会報委員長:浅井優子

司会:内倉和子 副SAA

点鐘:井藤昭宏 会長

 

卓話


『青山スクールオブジャパニーズについて ~外国人留学生の話を中心に~』
中西侑太郎 様(青山スクールオブジャパニーズ 校長)


斉唱


『それでこそロータリー』

 

誕生祝


下中英輝 会員


ビジター


該当者無し


ゲスト


中西侑太郎 様
(青山スクールオブジャパニーズ 校長)

 

お祝い・表彰・挨拶等

ゲスト及びビジター紹介

ゲスト紹介

20180418_2323th_014

中西侑太郎 様
(青山スクールオブジャパニーズ 校長)

 

ビジター紹介

該当者無し

 

委嘱状交付

第2590地区2018-19年度社会奉仕委員会
内倉和子 会員

 

会員誕生祝

20180418_2323th_015

下中英輝 会員

 

パートナー誕生祝

該当者無し

 

会長報告

20180418_2323th_019

井藤昭宏 会長

突然キレるオンナのメカニズム

◆ 30年前に比べて急増

NHKが行った調査によると、この30年間で「キレる妻」が急増しているという。たしかに、さっきまで普通に話していたのに、突然不機嫌になり口を利かなくなったり、「なんでいつもそうなの?」 と責めてきたり・・・・。男には理解しがたい女性の習性のひとつだ。
あれはいったいどう対応したらいいのだろうか?

「女性はひとつの小さなことに対してキレているわけではありません。嫌なことが少しずつ積み重なって、最後の一押しでキレるというのが、よくありがちな怒りのパターンです」

ため込まれて突然爆発されるよりは、先に不満を言ってくれたほうがありがたいのだが・・・
「女性はさりげなく“わかってほしい”ビームを出していることが多いですよ。
「え~、でも」「う~ん、そうかなぁ」というように、やんわり否定や拒否の言葉を発していたり、少し不機嫌そうにしたりと、察してほしい光線を出しています」
とはいえ、その光線、男には見えにくい。

「まずは相手の言葉や態度から“不満がある”ことを感じ取る努力が必要ではあるのですが、それが難しければ機嫌のいいときに、「どういうことをされたら許せないか」というのをお互いに話し合っておくのがいいでしょう。お互いの臨界点を知っておくことは、恋人でも夫婦でも良い関係を築くための重要ポイントです」

もしキレられてしまっても、後で冷静になったときに、「あのときどうして怒っていたのか教えて」と聞いておくことは大切だ。やってはいけないことは、一緒にキレたり無言になってしまうこと。

「キレられたら、訳がわからなくても、『ごめんね、でもどうして怒られているかわからない』ととりあえず謝り、わからないことを伝えること。そして、その場で解決しようとせずに気分転換をさせるのが一番です。映画を見に行く、どこか店にいるのなら「違う店に行こうか」と彼女が好きそうな所に移る、など。怒りを和らげてから、なぜ怒っていたのかを聞きましょう。一番ダメなのは、理詰めで説き伏せようとすることです。女性は「わかってほしい」生き物。理屈でジャッジするのではなく、「なぜ怒ったか」を知ろうとする姿勢が大切なのだ。

また、女性が怒りをためてしまいやすい男性の行動としては、次のようなものがある。

  • 食事中にスマホばかり見ている
  • 女性が話している最中に適当に相づちを打つ
  • 何かを聞かれたときに「なんでもいい」「どっちでもいい」と考えもせずに答える

女性がキレるのは、その人に「自分をみてほしい」「自分と向き合ってほしい」から。そのため、夫や彼氏のこうした行動に少しずつ不満をためていってしまうのだ。キレられる こともなくなってしまう前に、手を打っておくようにしましょう。

 

幹事報告

20180418_2323th_020

大野富生 幹事

 

委員会報告等

20180418_2323th_023

2018-2019青少年交換留学生受入れについて

舟橋金之介 次年度幹事

1.4/4、青少年交換留学生説明会参加。(北原前クラブカウンセラー、内倉次年度青少年奉仕委員長、舟橋) ・米国 ウィスコンシン州 Slingerの高校2年生(女子)、Lauren Elizabeth MUTHさんが本年8月から来年7月まで 当クラブをホストクラブとして交換留学生として滞在予定。
・後半の半年間は新横浜RCがスポンサークラブとして、ホストファミリーを引き受ける。(但しホストクラブは緑RCが一年間行う。) ・4/末までにVISA取得に必要な受入校・クラブカウンセラー・ホストファミリーの決定が必要なため、すぐに 武藤会員にカウンセラー役をお願いし、快諾を得る。また北原会員と手分けして県立高校に留学生受入れ依頼の電話を開始。

2.4/11、クラブ内下打合せ。(井藤会長、井上会長エレクト、武藤会員、北原会員、舟橋)
・4/12、本人・両親宛に緑RCが引き受ける旨のメールを送付。即日、本人と両親よりThanksメール受領。県立高校に引受依頼の電話を続行。
・4/13、県立霧が丘高校の石倉校長より受入れ内諾の電話を得る。

3.4/16、霧が丘高校訪問し、今回のプログラムをご説明。(井上会長エレクト、武藤会員、北原会員、舟橋)

4.現在井上会長エレクトの方で、会員のどなたかにホストファミリーになっていただく様捜していただいております。 ・・・・・

メンバー数が減少する中で、来年度は米山留学生、青少年交換留学生の2つを行うことになり大変ですが、 地域密着型支援活動として、当クラブのクラブコンセプトや目標を掲げる際に相応しい具体的なテーマでもありますので 皆様是非とも積極的な支援を宜しくお願い致します。

 

20180418_2323th_026

下中英輝 直前会長

 

20180418_2323th_028

鶴岡武 ガバナー補佐

現在、中国経済は実績、成長共世界一で1000兆円もの借金国日本など、足元にも及ばない。この傾向は一層拡大し、中国、米国経済が世界を制覇する。

さて、科学技術も経済同様、中国がトップで、日本が半導体でおう歌したのは昔の話、日本は科学技術競争で、低下が著しく目を覆うべきものがある。

さて、具体的に中国のすごさを次に示す。
*世界で質の高い技術論文
 1位、米国、2位、中国、日本ははるか下位。
*特許出願人口別
 1位、米国、2位、中国  日本は急降下。
*米国における博士号習得者数(2015年)
 1位、中国(5500人)、2位、インド(2200人)、韓国(1200人)、日本(わずか150人)
*各国の科学者数
 1位、中国(162万人)、2位、米国(138万人)、――― 日本(68万人)

以上からわかるように科学において日本は中国からはるかに劣っており、更にこの傾向は拡大する。ちなみにハーバード大学への日本人合格は1人のみ。
劣る日本が最優秀国の中国人を来期米山で合格者(当地区27名中中国人11名――40%)で中国人多い。現在日本人学生が貧困で奨学金返済ができなかったり、又は優秀な学生が資金不足で悩んでおり、中国で助けてもらいたい?

いずれにしろロータリアンは上記の件承知されたし。

 

出席報告

20180418_2323th_030

齊藤清紀 出席委員長

 
今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 28 20 0 0 1
(内 出席免除会員数) 5 4
 
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数 出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 28 (23/5) 88.89 % 16 4 0 0 1
前回補正後 28 (23/5) 81.48 % 15 3 4 0 2
前々回補正後 28 (23/5) 85.19 % 16 2 5 3 3
 

スマイルレポート

スマイル 22 件

ニコニコ

井藤昭宏 会長 中西侑太郎青山スクールオブジャパニーズ校長ようこそいらっしゃいました。卓話宜しくお願い致します。
秋山光正 会員 中山侑太郎様、伊藤秀一様、いらっしゃいませ。中西様卓話宜しくお願い致します。
浅井優子 会員 中西校長本日はようこそおいで下さいました。卓話お願い致します。
井上幸治 会員 青山スクールオブジャパニーズ 中西様 本日は、ようこそおいで下さいました。卓話よろしくお願い致します。
内倉和子 会員 青山スクールオブジャパニーズ中西校長ようこそいらっしゃいませ。卓話よろしくお願い致します。
大地哲郎 会員 中西校長ようこそいらっしゃいました。本日の卓話よろしくお願いいたします。
加藤喜夫 会員 中西校長先生卓話宜しくお願い致します。
河原裕典 会員 中西侑太郎様ようこそおいで下さいました。卓話宜しくお願い致します。
北原弘文 会員 青山スクールの中西様、ようこそいらっしゃいました。
小泉豊 会員 青山スクール中山校長本日卓話よろしくお願い致します。
齊藤清紀 会員 青山スクールオブジャパニーズ校長中西様本日の卓話宜しくお願い致します。
清水厳 会員 青山スクールオブジャパニーズ中西校長様 本日の卓話よろしくお願い致します。
清水裕之 会員 中西校長本日の卓話よろしくお願い致します。本日大変申し訳ございませんが、早退します。
清水保代 会員 青山スクールオブジャパニーズ校長中西様ようこそおいで下さいました。卓話楽しみにしております。
下中英輝 会員 誕生日祝ありがとうございます。中西校長本日の卓話よろしくお願いいたします。2週休みまして申し訳ございません。加藤会員入会おめでとうございます。
田中孝 会員 青山スクールオブジャパニーズ校長 中西侑太郎様ご多用の中ようこそおいで下さいました。卓話よろしくお願い致します。
露木健造 会員 中山侑太郎様、本日卓話よろしくお願い致します。
鶴岡武 会員 先日一寸した慶事がありました。
舟橋金之介 会員 青山スクールオブジャパニーズ校長中西侑太郎様ようこそいらっしゃいました。
武藤泰典 会員 青山スクールオブジャパニーズ中西校長ようこそいらっしゃいました。本日の卓話よろしくお願いいたします。
村松勇治 会員 本日早退致します。
加藤浩介 会員 青山スクール中西校長本日は貴重なお時間をありがとうございます。心より感謝申し上げます。
 

卓話

卓話者紹介

20180418_2323th_033

舟橋金之介 会員

既にご存じの通り、昨年11月28日(火)に地元霧が丘小中学校と外国人日本語学校青山スクールオブジャパニーズとの間で第14回目の交流会が実施され、例年通り当クラブで支援を致しました。
当日、青山スクールから100名近い留学生、霧が丘学園からは3年生、5年生、7年生約380名が参加し行われました。

将来の抱負を語ってくれた留学生の日本語による素晴らしいスピーチ、お互いの国々の紹介、言語の学習、ダンスやゲームなどを行い、素晴らしい交流活動ができた一日でした。

霧が丘学園では、対象者を今までの中学生に加え、小学生にも拡大し、現在ではなくてはならぬ教育プログラムの一つであると鍋谷主任教諭からお聞きしております。青山スクールオブジャパニーズの留学生にとっても日本を知る上で貴重な経験になるプログラムであると思います。

今回は当クラブとの交流を深めるためにも青山スクールオブジャパニーズの方に卓話をお願いした所、中西郁太郎校長に快諾していただき本日の運びとなりました。
それではタイトルの通り、「青山スクールオブジャパニーズについて ~外国人留学生の話を中心に~」 についてお話していただきます。

 

青山スクールオブジャパニーズについて ~外国人留学生の話を中心に~

20180418_2323th_037

中西侑太郎 様
(青山スクールオブジャパニーズ 校長)

 

Photo gallery

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー