2016-17年度ニュースロータリー年度会報会報 2016-17年度会報 2017年 4月

会報 第2277回例会 2017年4月26日

投稿日:
 
T1617JA_PMS-C 第2277回例会 2017年4月26日(水)
例会場:青葉台フォーラム 時間:12:30~13:30
 
会長 下中英輝 幹事 井上幸治 研修・広報・会報委員長 齊藤清紀
 
司会 秋山光正 副SAA 点鐘 下中英輝 会長
斉唱 『手に手つないで』
 
卓話 「台湾のロータリー事情」遠藤茂敏 会員(台北城東扶輪社)
 
誕生祝 ビジター ゲスト
武藤泰典 会員 遠藤茂敏 会員(台北城東扶輪社) 該当者無し
 

お祝い・表彰・挨拶等

ゲスト及びビジター紹介

ゲスト紹介

該当者無し

 

ビジター紹介

20170426_2277th_020

遠藤茂敏 会員(台北城東扶輪社)

 

入会式

20170426_2277th_023

平田恵介 会員

20170426_2277th_022

 

会員誕生祝

20170426_2277th_025

武藤泰典 会員

 

パートナー誕生祝

秋山光正 会員・パートナー 美夏 様

 

会長報告

20170426_2277th_028

下中英輝 会長

もうすぐゴールデンウイークですね。
自分には関係ないので、羨ましいです。
会社により最大9連休になるみたいですね!
来週は憲法記念日で例会がお休みなので、5月5日こどもの日(端午の節句)についてお話いたします。

端午の節句とは

今では 「子供の日」として、国民の祝日となっていますが、もともとは菖蒲(ショウブ)や蓬(ヨモギ)を 軒先(のきさき)にさして、邪気を払う日だったと言います(奈良時代に中国から伝わった風習だそうですが)。
それが江戸時代以降、男の子の節句とされ、武家では甲冑、のぼりを飾るのを真似て、町人のあいだにも武者人形や鯉のぼりを飾るようになりました。
この日はちまきを食べたり、柏餅を食べたりして、お祝いします。
菖蒲を軒に飾るかつての風習は、菖蒲湯につかる風習として現在にも残っています(日本でもこんな昔からハーブを利用してアロマテラピーしてたんですね)。
前にも話しましたが、年間に五回ある節句の一つです。

端午が男の子の節句になった訳は?

古来おこなわれていた宮廷での端午の行事も、時が鎌倉時代の武家政治ヘと移り変わってゆくにつれ、だんだんと廃れてきました。しかし、武士のあいだでは尚武(武をたっとぶ)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節日として盛んに祝うようになったのです。
やがて江戸時代にはいると、5月5日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じるようになりました。また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝いました。
このような時代の変遷のなかで、薬草を摘んで邪気をはらうという端午の行事が、男の子の誕生の祝いへと結びついていったと考えられます。やがてこの風習は武士だけでなく、広く一般の人々にまで広まっていきます。はじめは、玄関前に幟や吹き流しを立てていたものが、やがて厚紙で作った兜や人形、また紙や布に書いた武者絵なども飾るようになっていったのです。さらに江戸時代の中期には、武家の幟(吹き流し)に対抗して、町人の間では鯉のぼりが飾られるようになりました。

こんな童謡がありました。「背くらべ」
柱の傷はおととしの五月五日の背くらべ 粽たべたべ兄さんが計ってくれた背のたけ きのうくらべりゃ何のことやっと羽織の紐のたけ 柱に凭れりゃすぐ見える 遠いお山も背くらべ雲の上まで 顔だして てんでに背伸していても雪の帽子を ぬいでさえ一はやっぱり 富士の山
と言う事で端午の節句の食べ物は!

「粽(ちまき)」

中国の武人であった屈原(くつげん)が泪羅(べきら)という湖で水死した忌日が5月5日でした。その屈原の姉が弟を弔うため、竹の筒に米を入れ湖に投じて鮫竜(こうりょう)を祀ったのに始まるといわれています。
この由来により、中国では5月5日に粽を作って災いを除ける風習ができ、端午の節句となって粽とともに日本に伝来しました。
日本ではその風習を取り入れ、端午の節句にちまきを供えるようになりました。また、日持ちがして、手軽に出来ることから、携帯食糧としても用いられ、千巻・茅(かや)巻と称して、もち米を茅の葉や熊笹で三角形に包み蒸しあげて食しました。
今日でも地方に現存しています。

「柏(かしわ)」餅

柏の木というのは、次の新しい芽が出ない限りは、古い葉が落ちずにつき続けているのだそうです。「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「家系が途絶えない」という子孫繁栄の意味が込められています。
柏(かしわ)の葉はしなやかで、食べ物を盛るのには都合がよく、古くから食器として使われてきました。江戸時代から、かしわ餅は端午の節句には必ず備えられ、桜餅とならんで、年中行事の中の代表的な和菓子になりました。
場所により、かしわ餅を包む、柏葉の表を内側に包むのは、あんのかしわ餅で、葉の表を外側に包むのはみそとする区別が多いそうです。

 

幹事報告

20170426_2277th_029

井上幸治 幹事

 

委員会報告等

20170426_2277th_031

親睦活動委員会委員会

委員長:浅井優子

 

出席報告

20170426_2277th_032

出席副委員長:清水巌

 
今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 30 22 2 1 0
(内 出席免除会員数) 5 3
 
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数 出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 30 85.71 % 20 2 2 1 0
前回補正後 29 88.89 % 20 1 3 0 1
前々回補正後 29 88.89 % 21 2 1 0 0
 

スマイルレポート

 

卓話

卓話者紹介

下中英輝 会長

 

20170426_2277th_034

『台湾のロータリー事情』
遠藤茂敏 会員(台北城東扶輪社)

 

Photo gallery

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー