2017-18年度ニュースロータリー年度会報会報 2017-18年度会報 2017年 7月

会報 第2287回例会 2017年 7月12日

 


第2287回例会 2017年7月12日(水)

例会場:青葉台フォーラム

時間:12:30~13:30

会長:井藤昭宏

幹事:大野富生

研修・広報・会報委員長:浅井優子

司会:小泉豊 SAA

点鐘:井藤昭宏 会長

 

卓話


『五大奉仕委員長新任挨拶』露木クラブ奉仕委員長 / 北原職業奉仕委員長

20170712_2287th_03720170712_2287th_041


斉唱


『我等の生業』

『友達になろう(BE A FRIEND)』

 

誕生祝


清水裕之 会員


ビジター


横山正人 会員(横浜田園RC)


ゲスト


ファム ティー・タン フェン さん
(米山奨学生・ベトナム)

 

お祝い・表彰・挨拶等

ゲスト及びビジター紹介

ゲスト紹介

20170712_2287th_017

ファム ティー・タン フェン さん(米山奨学生・ベトナム)

米山奨学金授与

20170712_2287th_019

 

ビジター紹介

20170712_2287th_008

横山正人 会員(横浜田園RC)

 

会員誕生祝

20170712_2287th_024

清水裕之 会員

 

パートナー誕生祝

該当者無し

 

会長報告

20170712_2287th_026

井藤昭宏 会長

お寺さんも格差社会

◆僧侶2人の残業代未払い

僧侶2人の「残業代未払い」問題には驚きました。どうやら仏教界も‘’格差社会‘’のようです。

問題になったのは、真宗大谷派本山の東本願寺(京都市左京区)。研修施設で働く男性僧侶2人に、残業代を支給していなかったという。2人はいずれも30代で非正規雇用だったそうです。
「月15万2600~16万3000円」「通勤、住宅など各種手当」「午前8時半~午後5時」「週休2日」「土日祝日勤務あり」なんて条件で、全国から訪れる門徒の世話をする「補導」を務めていたが、業務が多い日には、午前8時半から翌日午後まで32時間以上働くこともあったという。まるでどこかのブラック企業みたいな話です。
2人は、外部の労働組合きょうとユニオンに加入して労使交渉を行い、東本願寺側は4月までに未払いを認め、1人には2013年11月~今年3月分の335万円、もう1人には14年9月~今年3月分の321万円を支給。335万円と言っても41ヵ月分だから、月平均で約8万円です。

「月給は各種手当込みで20万円弱、時間外労働は多い月で130時間になっていた。平均すると月70~80時間です」(きょうとユニオン担当者)
時給換算で1000円ちょっと。すべての坊主が丸儲ではないのだ。実際、1974年創刊の寺院住職実務情報誌「月刊住職」でも、15年7、8月号で<極貧に堪える住職>を特集。※取り寄せし報告しようと探しましたが手に入れることはできませんでした。<お寺の経済格差も凄まじい>と訴えている。

◆セレブ寺院は5~6%の現実

何でも、05年の曹洞宗宗勢総合調査では、最低生活水準を満たしていない年収100万以下の寺院が3割で、全体の半数を占める300万円未満の寺院の9割が「まったく生活できない」「かなり生活を切り詰めないと生活が成り立たない」と回答。浄土真宗本願寺派の09年宗勢基本調査でも、2割近くが年収100万円未満という結果が出たという。
年収2000万円超の‘’セレブ寺院‘’は、せいぜい5%位らしい。同誌では<月給8万円の専業住職の生活>ぶりなどをリポートしつつ、<直葬や家族葬が増え、法事の回数と人数が減った。永代供養のニーズも高まっている。人口減少が確実化している今、一部の大寺院を除き、100万円以下のラインも他人事ではない>などと分析している。
真宗大谷派の下野真人総務部長は「信仰と業務の線引きは難しいが、今後は勤務時間の把握と管理を徹底する」とコメントしている。まあこのような問題はどんな業界でもあることだとはおもいますが、例えば料理の世界、私たち建築関係の親方、弟子の世界数え上げたらきりがないかとおもいます。
最初は丁稚奉公で給料は安く残業時間はエンドレス、でもその経験を自分の成長の糧とし、更に上を目指し最終的には高収入につながると私などは考えるのですが、現代の若者はそうではないのかもしれません。

 

幹事報告

20170712_2287th_027

大野富生 幹事

 

委員会報告等

20170712_2287th_029

親睦活動委員会

日向誓子 副委員長

 

20170712_2287th_031

インターアクト・RYLA委員会

内倉和子 委員長

 

出席報告

北原弘文 出席副委員長

 
今回出席状況
  在籍会員 出席 MU済 ビジター ゲスト
会員総数 29 20 3 1 1
(内 出席免除会員数) 4 2
 
ホームクラブ出席率 外部参加者
  会員数 出席率 正会員
出席
免除会員
出席
Make-up
会員
ビジター ゲスト
今回 29 82.14 % 18 2 3 1 1
前回補正後 29 92.86 % 19 3 4 1 0
前々回補正後 30 96.55 % 22 3 3 0 1
 

スマイルレポート

スマイル 18 件

ニコニコ

井藤昭宏 会長 横浜田園ロータリー 横山さん、ファム ティー タン フェンさん ようこそ。
大野富生 幹事 昨日まで北海道でロータリー活動してきました。
浅井優子 会員 ・横山様、本日はようこそおいで下さいました。
・フェンさん、厚い中、ご苦労様です。
井上幸治 会員 横浜田園RC 横山様 ようこそ ! ごゆっくりしていって下さい。露木委員長、北原委員長、1年間よろしくお願い致します。本日、卓話楽しみにしています。フェンさん、ようこそ !
内倉和子 会員 横浜田園RC 横山様 ファムティータンフェン様、ようこそ ! どうぞごゆっくりなさって下さい。露木クラブ奉仕委員長 北原職業奉仕委員長、卓話よろしくお願い致します。
大地哲郎 会員 横浜田園RC 横山様、ようこそいらっしゃいました。ごゆっくりお過し下さい。米山奨学生 フェンさん ようこそ、暑い夏頑張って下さい。
河原裕典 会員 横浜田園RC 横山様 ようこそおいで下さいました。ごゆっくりお過し下さい。
北原弘文 会員 横浜田園RCの横山様、米山奨学生のフェンさん ようこそいらっしゃいました。今週末の土、日に岩手県の山田町へお祭りのお手伝いに行ってきます。
小泉豊 会員 横浜田園RC 横山様、フェンさん、ようこそいらっしゃいました。
清水裕之 会員 横山様 ようこそいらっしゃいました。誕生祝 ありがとうございます。
下中英輝 会員 フェンさん、暑い中ご苦労様でした。横浜田園RC 横山様 ようこそお越し下さいました。
田中孝 会員 横浜田園RC 横山正人様、厚い中ようこそおいで下さいました。ごゆっくり楽しんで下さい。ファム ティー タン フェンさん、日本の暑さに負けず励んで下さい。
露木健造 会員 フェンさん(米山奨学生)、 横浜田園RC 横浜正人会員ようこそ。
鶴岡武 会員 横浜田園RC 横山様 ようこそ、又米山奨学生 フェンさん ようこそ。御二人共ごゆっくりして下さい。私、今日地区会合出席で早引きします。
萬代昭彦 会員 横浜田園RC 横山様 ようこそいらっしゃいました。
日向誓子 会員 横浜田園RC 横山様、フェンさん、ようこそお越し下さいました。露木クラブ奉仕委員長、北原職業奉仕委員長、卓話よろしくお願いいたします。
舟橋金之介 会員 ・フェンさん ようこそいらっしゃいました。
・横浜田園ロータリークラブ 横山様 ようこそいらっしゃいました。・露木クラブ奉仕委員長、北原職業奉仕委員長、本日の卓話宜しくお願い致します。
武藤泰典 会員 横山田園RC 横山様、フェンさん、ようこそいらっしゃいました。ごゆっくりお過し下さい。
 

卓話

『五大奉仕委員長新任挨拶』

20170712_2287th_037

露木健造 クラブ奉仕委員長

クラブ奉仕(奉仕プロジェクト)委員会は最も基礎的な奉仕活動で、地域に合った奉仕活動を目指さなければならない奉仕活動です。

ロータリーの発展史が示すように、初代のころ親睦が疎かになりポールハリスが苦労された経緯があり、奉仕と共に親睦活動が出発点になっています、この親睦から奉仕の理想が生まれる仕組みが例会です。
例会には過去の3分間スピーチを時間が余った時、各会員にお話しを頂きたい。
地域奉仕活動を進めるにあたっては,会員増強を図り、多くの会員からの情報を基に、地域に合った奉仕活動を戦略計画し、プログラムに則り、広報活動をし更なる会員増強を目指します。各小委員会委員長と共に戦略を吟味し時節に合った活動を理事会承認を得てまいります。

又、RI会長・地区方針・クラブ会長の活動方針に添って、各小委員会を取りまとめて活動いたします。又、五大奉仕委員長協力のもと、各奉仕プロジェクトを達成するために、適時クラブ協議会を開催いたしたいと思います。

奉仕プロジェクトの実行および目的の達成をするためには、会員のご協力が無いと出来ません、会員皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

 

20170712_2287th_041

「職業奉仕について」
北原弘文 職業奉仕委員長

「四つのテスト」

シカゴクラブの会員だったハーバート・テーラーが1930年頃考え出した方針で、理想主義を遥かに超えた極めて実用的なものです。詳細はロータリーの歴史のあらゆる書物に出てきますのでここでは割愛します。1954年に彼が国際ロータリーの会長に就任した際に、この版権がロータリーに寄贈されました。
さて、この『四つのテスト』は世界各国で翻訳され、広く活用されていますが、会員の商売のための広告として利用されることは禁じられています。
日本語の訳文は、ロータリー創立50周年記念事業として広く公募されましたが、東京クラブの本田親男さんの訳文が採用されましたが、原文の精神が適切に表現されていないという指摘があります。

 
  1. 真実かどうか~Is it the truth?
    商取引において、商品の品質や契約条件などに偽りがないかどうかは、非常に大切です。商取引では、「事実かどうか」「嘘偽りがないかどうか」と言い換えれば分りやすいでしょう。
  2. みんなに公平か~Is it fair to all concerned?
    fairとall concernedという言葉の翻訳に問題があります。fairは公平ではなく、公正と訳すべきでしょう。不正に得た利益でも平等に分ければそれでよいことになってしまいます。all以下はallだけが訳されており、肝心のconcernedが省略されています。『四つのテスト』は商取引の基準として定められた標語ですから、このconcernedは取引先のことを意味することは明白です。したがってこのフレーズは「すべての取引先に対して公正かどうか」ということを意味します。
  3. 好意と友情を深めるか~Will it build goodwill and better friendship?
    goodwillは単なる好意とか善意を表す言葉ではなく、商売上の信用とか評判を表すと共に、店の暖簾や取引先を表します。すなわち、その商取引が店の信用を高めると同時に、より良い人間関係を築き上げて、取引先を増やすかどうかを問うものです。「信用を高め、取引先をふやすかどうか」と訳しても良いのではないでしょうか。
  4. みんなのためになるかどうか~Will it be beneficial to all concerned?
    benefitは「儲け」そのものを表す言葉です。商取引において適正な利潤を追求することは当然であり、決して恥ずべきことではありません。ただし、一方だけが儲かったのでは公正な取引とはいえません。その商取引によって関係者全てが適正な利潤を得たかどうかが問題なのです。「すべての取引先に利益をもたらすかどうか」と訳したらいかがでしょうか。 このような厳密な翻訳を試みることにより、『四つのテスト』が純然たる会社経営の指針であることが理解できます。
 

Photo gallery

下記画像をクリックでフルスクリーンスライドショー