2012-13年度ニュースロータリー年度会報会報 2012-13年度

会報 第2087回例会 2013年 4月10日

 



 

第2087回例会 2013年4月10日(水)
例会場:青葉台フォーラム 時間:12:30~13:30

卓話 『職業報告』
清水保代 会員 / 井藤昭宏 会員

司会 大野富生 SAA
斉唱 『我等の生業』
点鐘 武藤泰典 会長
会長報告 武藤泰典 会長
幹事報告 露木健造 幹事
誕生祝 無し
ゲスト 無し
ビジター 田中正平 G補佐
 (横浜田園RC)
佐々木伸一 会員
 (横浜北RC)
出席報告 高嶋淳二 委員長
発行者 井上幸治 会報委員長
 

[smile] 画像クリックで拡大表示します。連続で写真が閲覧可能です。

 

報告等

ご挨拶

ご挨拶

田中正平 ガバナー補佐
 (横浜田園RC)

 

表彰・お誕生日祝い等

米山功労者

米山功労者

清水裕之 会員

 
 
 
 

会長報告

武藤会長

会長:武藤泰典

 先週、報告しましたように、ヘンナさんは、4月3日に大野家から私の家へ参りました。早速、6日に来日学生近況報告・13~14派遣学生オリエンテーションに連れて行きました。
 近況報告と広島・京都旅行の感想を夫々発表しましたが、やはり、来日して8ヶ月も立ちますと、ほぼ全員が日本語をだいぶ、うまく喋れるようになっていました。広島で印象に残っていたのは、原爆ドーム、厳島神社、それに広島焼きだったようです。ただ、原爆ドームでのガイドさんの話は、まるっきりわからなかったようです。京都では、金閣寺、清水寺、三十三間堂等を見学し、座禅を組んだり、お抹茶を飲んだりして楽しかったそうです。
 ヘンナさんの近況報告の中で「ホストファミリーが変わるたびに、引っ越すのがめんどうだ」と言っておりましたので、家に帰った後「もし、引っ越すのが面倒なら、最後までここに居ても良いが、予定通り、齋藤家に行きたいか?」と聞いたら「お寺に行きたい」と言っておりますので、齋藤会員、宜しくお願いいたします。

 
 
 

幹事報告

露木幹事

幹事:露木健造

  1. 田中ガバナー補佐、本日ありがとうございました。
    横浜北RC佐々木様色々とお世話になります。
  2. 4月6日(土)2012-13受入学生近況報告・2013-14派遣学生オリエンテーションに出席されました武藤会長・北原カウンセラーご苦労様でした。
  3. 餅田実パスト会長からの、出席規定免除申請が前回の理事会で承認されました。
  4. 米山名称使用基準について
    名称使用基準:事業名称および印刷物タイトルは米山記念の記念を省略せず使用する。詳細は添付ファイルを参照して下さい。
  5. 社会奉仕委員会プロジェクト、岩手県山田町の少年サッカーチーム(子供30人同伴者5人)と横浜マリノスとの交流の件、4月27(土)~28日(日)となりました多くの会員の参加をお願いします。
  6. 他クラブ例会変更
    1. 横浜北ロータリークラブ
      1. 2013年5月02日(第一木) 休会
      2. 2013年5月30日(第五木)⇒5月29日(水)4クラブ合同夜間例会
      3. 2013年6月13日(第二木) 夜間移動例会・年度末懇親会
    2. 横浜たまロータリークラブ
      1. 2013年4月30日(火)   夜間移動例会
  7. その他  
    参考:
    小泉八雲「常識」:人の話を鵜呑みにするな、を紹介いたします。

井口和基の公式ブログより(理論物理学者・東京理化大学・大阪大学・ユタ大学)


小泉八雲の「常識」:人の話を鵜呑みにするな
小泉八雲の小説に「常識」という作品がある。
 ある寺の和尚のもとに夜な夜な普賢菩薩(ふげんぼさつ)が姿を現すという。
 和尚と親しい猟師がそれを聞いて和尚のもとを訪ねるが、毎晩和尚と一緒に菩薩を迎えているという小僧の言葉に疑問を抱く。
 その夜、和尚たちとともに光り輝く普賢菩薩の姿を見ることが出来た猟師だが、突然立ち上がり菩薩に矢を射掛けた瞬間、悲鳴とともに光も菩薩の姿も消えた。
 和尚は半狂乱になって猟師を罵る(ののしる)が、猟師は「徳の高い和尚が仏を見ることが出来るのはわかるが、小僧や殺生を生業とする猟師の自分にまで姿が見えるとはおかしい。仏を騙り(かたり)、和尚の命を狙った化け物の仕業ではないか」と言って理路整然と和尚を諫め(いさめ)、翌日様子を見てみようと告げる。
 果たして、寺から血のあとを辿ってみたところ大きな古だぬきが猟師の矢を受けて倒れていた。
 和尚は学問があり、修行を積んでいたにも関わらず、化け物に手もなくだまされていた。一方の猟師は、学問はなかったがしっかりとした常識を身につけていたため、怪しいものを見破り、危険を脱することができたのである。

日本史検定講座第二期生募集の件の「あ太郎」氏のコメントより。


さて、一般に「学者」やその学者たちが集まる「学会」というもののことをメモしておこう。まさに小泉八雲の「常識」のとおりの世界なのである。
(あ)まず、その学会はどこから出発したか?
というと、ソクラテスの時代はいざしらず、近代の学会は大英帝国の「王立協会」から出発したと思ってまず間違いない。もちろん、この学会は今もイギリスに存在している。学会ができる以上、その前にそのメンバーとなるべき研究者が必要になる。
研究者はどこにいたか?
もちろん、学者たちは大学の中にいた。ケンブリッジ大学やオックスフォード大学である。中世からの伝統を受け継ぎ、「大学教授になること=一生独身=バチェラーになること」であった。だから、大学の学士のことを「一生独身者」=「バチェラー」と今でも呼ぶ習わしである。つまり、研究者や教授になるための必要最低限の条件が、独身主義であった。
なぜ王様が大学教授に独身を要求したか?
要するに、「子孫を残すな」という意味である。つまり、「お前たち頭の良い者どもに子孫を残されては世が乱れる」、「よって、学者は嫁さんをもらうことはあいならぬ。」ということであった。
もともと、この伝統はイエズス・キリスト教の聖職者の伝統から来た。聖職者はその昔の研究者であり学者であった。だから、「聖職者になること=一生独身=バチェラー」であったのである。このように大学が教会から別れてできた時代にも継承されたのである。
そして、この伝統は、おどろくべきことに、イギリスでは、かの経済学者のケインズの時代まで継承されたのである。ケインズはこの伝統を打ち破った最初の学者の一人であり、その後、大学教授も立派に奥さんを娶っていい時代に入ったと言われている。だから、いまでは、大学教授の「奥さん」という言い方までされるが、昔ではご法度だったのである。
逆に言えば、西洋社会でなぜインテリのホモが多いかといえば、この伝統のせいだったとも言えなくもないのである。そういう面が存在した。
(い)この思想は、大学教授の結婚の話から進み、学会を設立する場合にも別の意味で継承されることになったのである。ここを一般人やB層やシープルのみなさんはあまりご存じない。想像すらできていない。なぜ学者が集う必要があったのか?あるのか?といえば、それは、だれが何をやっているか知る必要があったから、必要があるからである。つまり、王様が、あの学者は何を研究し、何を考えているか知る必要がある。学者たちがさまざまな大学に広がって、好き勝手に研究されてはたまったものではない。だとすれば、学者が勝手に王様にとって危険な研究や危険思想を生み出さないために、全部を一箇所に集めよう。こうして誕生したのが「王立学会」なのである。だから、「王様が作った学会」なのである。
要するに、「学会」というものは、その最初から「科学の発展のためにできた」のではなかった。むしろ逆で「科学の発展のコントロール、完全支配のためにできた」のである。ここを一般の人達はまったく理解していないのである。
(う)この伝統をロスチャイルド家が継承した。閨閥を通じてイギリスの金持ちからイギリスの貴族になり、そしてさらに王族との婚姻によってイギリスの王族や貴族になった。ロスチャイルド家が王室の伝統を受け継ぐ(というより乗っ取る)につれて、「科学への支配」のやり方も学び取ったわけである。
これが、アメリカに継承された。それをまかされたものが、J. P. モルガンであり、ロックフェラーであり、ウォーバーグであり、デュポンであり、ブッシュであり、というわけであった。特にロックフェラー家がアメリカの科学の完全支配を任された。その典型が、西側世界ではもっとも有名な科学財団「ロックフェラー財団」だったというわけである。
この財団はアメリカの大半の学会のスポンサーである。アメリカはおろか全世界の学会のスポンサーである。
なぜか?
いうまでもなく、「科学の完全支配=コントロール」のためである。
「科学学会は、科学の健全な発展のためにある。」? 
は???笑わせるな!ということなのである。
(え)実は、この伝統はあらゆる「学会」や「ソサエティー」という名のつくものに継承されている。例えば、「UFO学会」、「テスラ学会」などがそういうものである。
まあ、企業で働いたことのある人たそういう人からインサイダー情報を聞いたことのなる人なら知っているだろうが、企業が取得する特許は、普通「偽特許」というものである。B層や一般人はもちろん知らないはずである。
もちろん、特許になるためのオリジナルのアイデアがなければ特許に認定されないから、それなりに特許の資格は存在する。そうでなければならない。なぜなら、そうでなければ、特許を取る意味が無い。
また、普通の企業は大半がそういうまともな「正特許」を取る(一応、普通の特許をこう呼んでおこう)。しかしながら、「正特許」はいずれ公開される。そうなれば、競争相手にバレル。真似をされてしまう。
そこで、本当に賢い企業というのは、本当の特許部分は秘匿して隠す。大事な部分やノウハウを競争相手から隠すために、わざわざ「偽特許」をたくさんとり、いまのIT技術でいう「ファイヤーウォール」を作っておくのである。その特許を読むと、間違った方向へ誘い出されるようにわざわざたくさん「偽特許」の壁で張り巡らせるのである。そして一番の急所は自分たちだけが知っている。
つまり、「オカルト」にするのである。ちなみに、「オカルト」=「オ・カルト」の真の意味は「秘伝科学」=「Hidden Science」の意味である。秘伝(ひでん)とは「隠された」=「hidden 」という意味である。だから、古来において、「多民族に知られては困ることは、秘密結社を作り、オカルトにした」というわけである。これが「オカルト」の語源であり、起源である。
まあ、そういう話である。だから、今でも、競争相手から秘密を知られたくなければ、オカルトにするのである。だから、現代においても「秘密結社」が絶えない。その一つの理由になっているのである。この意味では、「エリア51」も秘密結社の一つである。
(か)テスラの技術やアイデアに関する「テスラ・ソサエティー」というものがある。この学会の設立の目的も「完全支配」と「秘匿」が目的なのである。要するに、テスラ学会やらUFO学会とか、??学会とかいうものがある場合、たいていは、主催者側にそういうのを知られてはまずいと思う権威筋がいて、世の研究者を一箇所に集めて「完全管理と秘匿」を目的として作られるものなのである。だから、そういう学会に迂闊にむやみに近づいて調子に乗っていると痛い目にあう。そういうものである。
言い方を変えれば、学会が権威を付けると、「その学会から追放されること=偽物」というイメージで解釈される結果となる。だから、本物でも追放されたら、それは偽物というふうにして排除できるのである。「その学会で功績を認められる」ということは、その筋の権威にとってその目的のために実に「好都合」ということなのである。
じゃあ、「iPS細胞」は?
言うまでもないだろうヨ。まあ、今いえば、多くの人の期待を裏切るからあえていわないが、私個人はネガティブに見ている。その理由はご自分でリサーチを。
元のテスラ・ソサエティーの話に戻すと、じゃ、なぜそう言えるのか? テスラ学会は、米軍によって隠蔽されたテスラの科学技術をみんなで発見し発達させるためにできたのではないのか?
もちろん、表向きの言葉上はそういうことになっている。しかし、実質的な本当の目的は逆である。それがそもそもソサエティーというものの創立の歴史の方、つまり、正当な歴史にあっているのである。
具体例は、例のエリック・ドラード博士である。ドラード博士はテスラ学会で講演を依頼されて講演を行ったという。そしてその時の講演のビデオも取られた。論文も提供した。ところが、その後、ある民間のグループがドラード博士を発見し、さまざまな情報を得るまで、完全に秘匿されたのである。その民間グループがやっとドラード博士のサイトを立ち上げたということらしい。もしこの民間人がドラードを見つけなければ、永久にテスラの科学技術は忘れ去られるところだったのである。
だれがそうしたか?って。
もちろん、テスラ学会の主催者のリーダーだった。
Lets Get Back Eric’s Lost Lectures, Warriors Needed
学会とはそういうものなのだ。だから学会のお偉方というのは、何時の時代も「御用学者」なのである。なぜ御用学者になったのかじゃない。御用学者だから学会にいるのだ。これが本当のことなのである。ある宗教学会の信者だから、その学会に入るでしょ? 違いますか?
まあ、そういうわけで、大事なことは自分のもつ常識やら情緒というものである。
決して他人のいう「常識」を鵜呑みにしてはならない。もちろん、私の話も鵜呑みにしないように?


  • 本日はスマイルクジありません

以上

 
 
例会風景 例会風景 例会風景 例会風景
 

委員会報告等

委員会報告

委員会報告

台湾訪問について

会長エレクト:天野正昭

 

委員会報告

社会奉仕委員会

委員長:竹内建

 
委員会報告

佐々木伸一 会員(横浜北RC)

 

出席報告

出席報告

出席委員長:高嶋淳二

会員総数:34名(内出席免除会員数8名)
出席:25名(内出席免除会員数4名)
MU済:0名 ゲスト:0名 ビジター:2名

 
ホームクラブ出席率
今回 出席率 = (P)正会員出席 + (P1)免除会員出席
+ (M)メーキャップ会員
×100
(N)正会員 + 病気等免除
+ (P1)免除会員出席
83.33% = (P) 21 + (P1) 4 + (M) 0 ×100
(N) 26 + 0 + (P1) 4
前回
補正後
83.33% = (P) 18 + (P1) 3+ (M) 4 ×100
(N) 27 + 0 + (P1) 3
前々回
補正後
100.00% = (P) 21 + (P1) 1 + (M) 12 ×100
(N) 27 + 0 + (P1) 7
 
 
例会風景 例会風景 例会風景 例会風景

スマイルレポート

スマイル 18件

ニコニコ

  • 田中正平 G補佐(横浜田園RC)

    お世話になります。よろしくお願いします。

  • 佐々木伸一 会員(横浜北RC)

    この度は、私の故郷 「岩手県 山田町」に多大なるご支援 またお心遣いを頂き 誠にありがとうございます。感謝!! 復興には、大きな励みになると確信しております。

  • 武藤泰典 会長

    横浜田園RC 田中ガバナー補佐、横浜北RC 佐々木様 ようこそいらっしゃいました。ごゆっくりお過ごし下さい。

  • 露木健造 幹事

    田中正平ガバナー補佐 本日宜しくお願いします。横浜北RC マリノス 佐々木伸一様 、お世話になります。

  • 天野正昭 会員

    田中ガバナー補佐様 横浜マリノス佐々木様 ようこそ。 ごゆっくりお過ごし下さい。先週は欠席し申し訳ありませんでした。

  • 飯田正男 会員

    横浜田園RC・田中正平ガバナー補佐様、横浜マリノス・佐々木伸一様、いらっしゃいませ、ゆっくりしていってください。

  • 井上幸治 会員

    田中ガバナー補佐・佐々木伸一様 ようこそ おいで下さいました。 本日は、ごゆっくりおくつろぎ下さい。

  • 大地哲郎 会員

    田中ガバナー補佐 ようこそいらっしゃいました。第4コーナーを回りゴール真近ですね。お疲れ様

  • 大野富生 会員

    田中ガバナー補佐 横浜マリノス 佐々木様 ようこそいらっしゃいました。

  • 河原裕典 会員

    横浜田園RC 田中ガバナー補佐様 横浜北RC 佐々木伸一様 ようこそおいで下さいました。

  • 北原弘文 会員

    横浜Fマリノスの佐々木様、田中ガバナー補佐 ようこそいらっしゃいました。

  • 小泉豊 会員

    田中G補佐 マリノス佐々木様 本日はよろしくお願い致します。先週欠席し申し訳ありません。

  • 齊藤清紀 会員

    田中ガバナー補佐、佐々木様ようこそ、いらっしゃいました。先週法務の為、欠席いたしました。申し訳ございません。

  • 高嶋淳二 会員

    横浜田園RC 田中ガバナー補佐・横浜北RC佐々木様 ようこそいらっしゃいませ。それから このところ欠席がちですみません。 by 出席委員長

  • 竹内建 会員

    田中様、佐々木様 ようこそおいで下さいました。

  • 村松勇治 会員

    ①田中ガバナー補佐 ご苦労様です。②佐々木様 ようこそ!

  • 森宏 会員

    田中補佐 本日はご苦労さんです。

  • 若山誉 会員

    田中ガバナー補佐 本日はお忙しい中ありがとうございます。

 
 
 

卓話

卓話

職業報告

 

卓話

清水保代 会員

司法書士の業務について

司法書士とは
登記又は供託手続きの代理・地方法務局に提出する書類の作成・裁判所や検察庁に提出する書類の作成・なお、法務大臣の認定を受けた司法書士は140万円以下の簡易裁判所の訴訟・民事調停・仲裁事件・裁判外和解などの代理業務行うことができます。
土地価格が5600万円以下の筆界特定手続きの代理・家庭裁判所から選任される成年後見人や不在者財産管理人、破産管財人などの業務及びこれらの相談および書類作成業務などがあります。

この表ですが、これは私の昨年度の業務別構成比です。

平成18年度の会社法改正により、司法書士の商業登記に関わる割合が減少し、一般的に司法書士業務としては不動産登記の占める割合が多いそうですが、私の場合は、法人・会社関係の仕事が多く占めております。

 

 司法書士は簡単にいうと次に掲げる仕事をします。

卓話
  • 不動産に関する登記及びこれに付随する相談及び書類作成
    不動産登記とは、皆さんの大切な財産である土地や建物の物理的な状況・権利関係に変化が生じたときに、その旨を登記簿に記載して社会に公示することで、取引の安全を守る制度です。
    司法書士は、このうち権利関係の登記について書類の作成や申請代理業務を行います。

    • 売買、贈与、相続などの所有権移転登記(売買・贈与契約書や遺産分割協議書作成)
    • 抵当権、根抵当権、質権などの担保権の設定・抹消登記 など
  • 会社・法人に関する登記
    会社などの法人について、設立(誕生)から清算(消滅)にいたるまで一定の事項を法務局で登記することにより、法人の内容を社会一般の人に公示することで、法人を巡る取引の安全を実現する制度です。
    司法書士は、これら商業登記手続きについて、書類の作成や申請代理業務を行います。
    登記の種類にはいくつかあり、法人の内容に生じた変化の原因に応じて申請する登記の種類が決められています。

    • 会社設立、増資、役員変更登記、本店移転、目的変更登記
      ちなみに、みなさん法人形態をどのくらい知っていらっしゃいますか
      現在の法制度の中で、たくさんの法人、会社の種類があります。
      たとえば・・・私が今までで受託した会社又は法人ですが、
      ・株式会社
      ・合同会社
      平成18年5月に新規創設された会社の種類です。
      英語名では、LLC(リミテッド・ライアビリティ・カンパニー(Limited Liability Company))と呼びます。責任を限る会社という意味です。
      ・合資会社
      ・合名会社
      ・一般社団法人
      ・一般財団法人
      ・NPO法人(特定非営利活動法人)
      ・協同組合
      ・マンション管理組合
      ・医療法人
      ・社会福祉法人
      などの設立やその他変更に関わる登記手続等をさせていただいております。
      その中でも特によく取り扱う5つの法人形態のを簡単な表にしてみました。
 
  株式会社 合同会社 一般社団 一般財団 NPO
法人格
営利事業 可能 可能 可能 可能 制限あり
設立最低人員 1人 1人 2人 1人 10人
最低資本金 1円 1円 0円 300万円 0円
法定費用
(電子定款)
約21万円 6万円 約11万円 約11万円 0円
設立の認可 不要 不要 不要 不要 必要
設立までの期間 2週間 2週間 2週間 2週間 約5ヶ月
知名度
 
  • 裁判所に関する手続
    • 本人訴訟、少額訴訟、調停などの支援(訴状、答弁書、準備書面の作成など)
      法務大臣の認定を受けた司法書士は140万円以下の簡易裁判所の訴訟・民事調停・仲裁事件・裁判外和解などの代理をすることができます。
  • 自己破産、民事再生手続 など
    私が過去に携わった案件
     売掛金請求(140万以下の)や「支払督促」を利用した貸金請求(請求金額250万円)、給与未払いの事件等
  • 成年後見
    認知症のお年寄りの方や知的・精神障害のある方は、判断能力の面でハンディキャップを負っているために、通常の人と同等に契約をしたり法的手続をしたりすることが困難です。
    こうした人たちを悪質商法等から守り、安心して暮らしていけるよう、法律面からサポートするのが成年後見制度です。
    成年後見は、大きく分けて「法定後見」と「任意後見」の2つに分けられます。
    「法定後見」
    法定後見制度とは、現に判断能力が不十分な状態にある人に対して、家庭裁判所が後見人・保佐人・補助人などを選任する制度です。後見人・保佐人・補助人のいずれが選任されるかは、本人の判断能力の状態によって異なります。
    「任意後見」
    任意後見制度は、本人自身が、将来判断能力の衰えた場合に備えて、あらかじ
    め公正証書による任意後見契約によって後見人を選任しておく制度です。

司法書士は裁判所より後見人に選任されたり、任意後見契約の作成およびこれに関連する見守り契約や財産管理契約・死後事務委任契約・遺言書の作成のお手伝いをしたり、又自らが任意後見契約の当事者となり、後見人になったりいたします。今後急速に高齢化が進む中、司法書士が成年後見の分野で果たす役割はますます重要になってくると思います。

 

卓話

井藤昭宏 会員

実は、私の自宅のトイレには、いろいろな本をおいてあります。自己啓発の本、漫画等等です。ひととうり読むとまた、違う本に入れ替えるのですが、一冊だけ不動の本があります。題名は(今日からホームレスになった)です。これは、事業で成功したり、一流企業に就職しても、ちょっとしたきっかけでいつどんな落とし穴が待ってるか、わからいという、事例を実例を交えながら紹介するノンフィクションの本です。今、いくら順調でも、あすは解らないので、このことを、常に頭にいれながら、朝、トイレに入るたびにこれを読みビクビクしながら、身が引き締まるおもいでいる次第であります。
ということでわたしの職業は、ハートウッドと呼ばれる熱帯雨林の木材に特化し直接輸入して、主に大勢の人が通る建築物件の通路にその輸入した木材をゼネコン、または、デベロッパーに納めるのが主な仕事です。海ほたるのフェンス、お台場デックス、金沢八景マリーナ、六本木ヒルズ屋上、関西国際空港、箱根天山、星野リゾート、江ノ島展望台等がそれらです。
その他にゼネコンの下請けだと支払いのサイトの主導権をどうしても、握られてしまうので、一般の住宅、マンションにのベランダ、ルーフバルコニーのガーデニング設計施工、がここ5年位最も力をいれている事業です。それらは、直接受注、出来アドバンテージを取れるからです。10年前10パーセントだった一般の顧客の売上がいまでは60パーセントまでになりました。
それでは、Hpで具体的な取扱物件を紹介いたします。まず、建築物件から、意匠的に掲載許可がおりないところもあり、これらは、許可がおりたところだけなのですが、四国観音寺、四国佐野温泉、箱根天山、東京FM. 7階、8階 収録スタジオ 春野温泉、軽井沢O邸その他にスカイデッキ、マンションデッキ、ルーフバルコニー、等を紹介いたします。

ホームページ
http://www.garden-h.net/